fbpx

安倍首相「アベノミクスは7合目」もう後戻りできぬ頂上からの景色とは?=東条雅彦

私たちが10年以内に遭遇する未来は? 想定される4つのパターン

今後、私たちが10年以内に遭遇する未来を可能性の高い順に列挙すると次の4パターンです。

<ハードランディング路線(確率60%)>

1)日銀の国債保有率が50%、60%と上昇するにつれ、金利が急騰して、政府の資金繰りに問題が生じる。

2)日銀の異次元緩和により、通貨「円」の大幅な希薄化(円安)が起きる
⇒ 実質的に政府の財政が破綻する

<ソフトランディング路線(確率25%)>

3)1960年代以降のイギリスと同じように、日銀は金融抑圧を継続して、円の資産価値を長期的に減らしていく
(参考)1960年:1ポンド=1008円 / 30年後の1990年:1ポンド=235円

<一発逆転路線(確率15%)>

4)2020年代半ばから始まる第四次産業革命(AI革命)によって強力なディマンド・プル・インフレが生じて、財政危機から脱出する
⇒ これはイギリスが財政危機から脱出した「北海油田の産出成功(1980年代~)」に相当する

【関連】小池流「ユリノミクス」の経済学。結局、誰が得して誰が損するのか?=斎藤満

上記の可能性リストに「リフレ政策が成功して、スーパーマンに変身する」の選択肢は存在しません失敗だったという結果が出てしまったので、選択肢から外しました。

リフレ派エコノミストは、異次元緩和政策に効果がなかった現状を目の当たりにして、どう説明するつもりなのでしょうか? もし可能なら、スーパーマンのように地球の周りを飛び、時間をアベノミクス開始前の2012年に戻して、インチキだったリフレ政策はなかったことにしたい…そう感じます。

【関連】米国の手のひらで「平成のインパール作戦」へと突き進む黒田日銀の勝算=斎藤満

【関連】黒田日銀の「永久緩和」が引き起こす日本財政破綻、衝撃のデータ=東条雅彦

【関連】今は貧乏でも怯むな!株で勝つと決めた途端「退屈な日常」が輝く理由=鈴木傾城

【関連】起承転結で学ぶ、日本経済のバブル崩壊から異次元緩和までの歴史=東条雅彦

1 2 3 4 5

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2017年10月4日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー