fbpx

売国と亡国のサンバ、またはリベラルの移民反対論=佐藤健志

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年3月1日号より
※本記事の太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】左翼・リベラルに同情せずにはいられない話=佐藤健志

【関連】移民国家化する日本。「外国人労働者受け入れ」がもたらす悲惨な未来=三橋貴明

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017/3/1より

売国と亡国のサンバ、またはリベラルの移民反対論

右の売国、左の亡国 2020年、日本は世界の中心で消滅する
おかげさまで刊行されました!

アマゾンでは発売日(2/24)に紙版がいったん売り切れ、「通常2~4週間以内に発送します」という表示に。
ただし版元のアスペクトが迅速に対応したのでしょう、翌25日には「在庫あり」に戻りました。

また電子版は「政治史・比較政治」部門で新着ランキング1位を達成。
みなさま、ありがとうございます!

ご注文はこちらよりどうぞ。
紙版:https://www.amazon.co.jp/dp/475722463X
電子版:https://www.amazon.co.jp/dp/B06WLQ9JPX

さて。

「現在の日本では、保守と左翼・リベラルの双方が、表面的にこそ対立しているようでいながら
実際には手を取り合って〈日本否定の翼賛体制〉をつくりあげつつある
というのが
『右の売国、左の亡国』の大きなテーマ。
これを裏付けるように、左右の奇妙な融合ぶりはますます際立ってきています。

まず先週の記事で紹介した稲田防相のWW(ワンダーウーマン/訳分からない)答弁について、
こんなツイートを見かけました。
いわく。

南スーダンPKO日報に「戦闘」と記してあるが、
稲田氏は「憲法9条があるので戦闘行為ではなく衝突だった」と呆れる答弁。
今朝(注:2月15日)の朝日はそれを擁護する記事が。
「苦しい答弁の背景には憲法9条下で自衛隊の海外活動を広げることのむつかしさがある」と。
いつから朝日は安倍政権弁護新聞になったのだ

プロフィールによればツイート主は、大学を定年退職した生命倫理、ホロコースト研究者とのことです。

私は当該の記事を直接見ていませんが、ツイートの内容が正確だとすれば
これは朝日が安倍政権弁護新聞になったのではなく、
安倍政権が朝日新聞弁護内閣になったと解すべきでしょう。

なにせ防相のWW答弁は、
平和憲法が守られてさえいれば、現実認識はどんなにお花畑でもいい
と構える点において、護憲派の左翼・リベラルの発想と瓜二つなのです。
朝日が共鳴するのも当たり前ではありませんか。

考えてもみて下さい。
〈現憲法なんかどうだっていい!〉
と、本当に思っていたら、
あんなしょうもない答弁をするはずがないのです。

d(^_^)\(^O^)/稲田さん、あなた本当は護憲派でしょ\(^O^)/(^_^)b

逆に朝日新聞にしたって
「憲法9条は金科玉条なのだから、PKOなど即、中止だ! 南スーダンの人々がどうなろうと知ったことか!」
とは、さすがに書けるはずがない。

日本国憲法の前文には
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない(ことを信ずる)」
と明記されているのです。

となれば
「苦しい答弁の背景には憲法9条下で自衛隊の海外活動を広げることのむつかしさがある」
と言うしかないじゃないですか。

してみると、これに腹を立てている「生命倫理・ホロコースト研究者」さんは安倍政権を嫌う一方、
憲法前文についても、日本(人)を余計な危険にさらすものとして否定したがっている
のでしょう。

安倍政権が喜ぶと思いますよ!
9条を変える度胸があるかどうかはともかく、とりあえず改憲推進を謳っていますから。

d(^_^)\(^O^)/研究者さん、あなた本当は改憲派でしょ\(^O^)/(^_^)b

だ・か・ら
『右の売国、左の亡国』と言うのですが、
さらに面白い事例があります。

Next: 「左翼・リベラル」のイメージが強い社会学者・上野千鶴子さんの注目発言

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい