fbpx

毎年恒例、各社の「2018年びっくり10大予想」を深読みして見えてきたもの=東条雅彦

各社に共通する「サプライズ」とは何か?

ウィーン氏(ブラックストーン)、サクソバンク、みずほ総合研究所、ウィズダムツリー、大和住銀投信投資顧問の合計5社のびっくり予想を見てきました。

いかがでしたでしょうか? 1つぐらいは「これはもしかして当たるかも…」と感じた予想があったかと思います。

5社のびっくり予想の中で、比較的、多くの会社が言及していた予想は次の3つになります。

【1】
政府が反撃に出て、仮想通貨バブルが崩壊する。
(ウィーン氏、サクソバンク、みずほ総合研究所、大和住銀投信投資顧問)

【2】
日本株も米国株もバブルの様相を強め、インフレ率が上昇する。
(ウィーン氏、みずほ総合研究所、ウィズダムツリー、大和住銀投信投資顧問)

【3】
第4次産業革命が進展していく。さらにハイテク銘柄に注目が集まる
(ウィーン氏、ウィズダムツリー、大和住銀投信投資顧問)

全体的に仮想通貨も含めて、ハイテクノロジーに関連した予想が多くなっています。第4次産業革命が起きつつある現状を否定するのは、さすがに難しいということでしょう。去年の仮想通貨の急騰も、基本的にはこの第4次産業革命の流れを汲んでいると捉えるべきです。

IMFの2018年予想

なお、IMFの2018年の世界経済予想は次のようになっています。

<2018年の世界経済見通し(実質GDP成長率)>

出典:大和証券

出典:大和証券

世界全体のGDPは2018年は前年比で3.7%上昇すると予想しています。この成長率の水準は2017年とほぼ同程度です。つまり、長期的な投資で取り組んでいる人からすれば、びっくり予想などにはほとんど耳を貸す必要はないと言えます。

長期的には世界経済は右肩上がりで成長していきます。個別の投資対象に注目すると、ハイテク株、金融株、仮想通貨等が乱高下するかもしれません。しかし、全体的には緩やかに成長していく。

下記の表は全世界の実質GDPの推移です。27年前の1991年からの長期的な推移を見れば、世界経済はずっと成長しっぱなしであることがわかると思います。リーマン・ショック後の2009年以外は全てプラス成長です。

<全世界の実質GDP成長率(1991年~2020年)>

180109tojo_2

2018年から2020年までの実質GDP成長率は予想値となります。2020年まで毎年、3.7%程度の成長が見込まれています。

仮に、S&P500が突然の「フラッシュクラッシュ」によって25%暴落したとしても、何も恐れることはありません。世界経済という大きな枠組みで長期的に成長していくのなら、基本的には明るい気持ちで普段の生活を送るべきだと思います。

一時的な停滞があったとしても、世界経済の成長が続いてきたというのがこれまでの人類の歴史です。

【関連】2018年はお金が貯まる!敏腕FPが教える「すごい貯金」と人生を変える習慣=俣野成敏

【関連】次の10年、全人類の仕事を奪う人工知能(AI)に殺されないための投資術=鈴木傾城

【関連】「人生どのタイミングで結婚相手を決めるべきか?」を数学的に解明する Secretary Problem=三浦茜

【関連】2017年を席巻した3大変化「バフェット、AI、仮想通貨」の共通点とは?=東条雅彦

1 2 3 4 5 6 7

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2018年1月4日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい