fbpx

100年後、ポテトチップスは消滅している!? 説得力のある未来予測データ

読者の方々も薄々お気づきだと思うが、お菓子や飲み物などが年々内容量が少なくなってきている。

そんな中、Twitterユーザー・こんぽたbot(@Konpotabot)さんがTwitterに投稿した『2104年問題とは』というツイートが話題になっています。

どうやらポテトチップスに関することらしいのだが、いったい2104年問題とはなんなのだろうか?

そのツイートがこちら!

なんと、このままの状況で行くと2104年にはポテトチップスの内容量が0gになってしまうそうだ。
それどころか、次の年からは購入者側がポテトチップスを供給しないといけない結果に。

みんなが大好きなポテトチップス…これは由々しき事態である。

そんなツイートには様々なコメントが寄せられているのでその一部を紹介します!

反応の声

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】金メダルに沸くニッポン、なぜビジネスの世界で1等賞の日本人がいないのか?=菅下清廣

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい