fbpx

タイムトラベルは不可能? ホーキング博士の実証実験がユニークで天才すぎる!

世界で最も有名と言われている物理学者のスティーヴン・ホーキング博士をご存知だろうか。

筋委縮性側索硬化症(ALS)と戦い続け、“車椅子の天才学者”として現代宇宙論多大なる影響を与えた彼は、2018年の3月14日にその生涯を閉じた。

ブラックホールがエネルギーを放出して消失すること、通称・ホーキング放射を提唱し、一躍有名となった。

そんな独自の理論を通して、様々な偉業を残した彼だが、面白いエピソードも多く残している。

Twitterユーザー・ジロウ(@jirojirsan)さんがTwitterに投稿した『ホーキング博士が行った実証実験の話、大好きだった』というツイートが話題になっている。

さすが、考えることがひと味もふた味も違う。

このエピソード、パーティーが開催された後に招待状が配られたのだが、普通ならば終わってしまったパーティーには参加できない。

それが過去に来ることができるタイムトラベラーならば、招待状を受け取ってパーティーに来られるので、近い未来に過去へ来ることは可能になる。

しかし、結局パーティーには誰も現れなかったので、過去へのタイムトラベルは不可能だというものだ。

なんともユーモラスたっぷりのタイムトラベル理論だ。

そんなツイートには様々なコメントが寄せられているのでその一部を紹介しよう。

反応の声

image by:Wikimedia Commons

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】「余命2年」の宣告から、50年も活躍したホーキング博士の秘密=浜田和幸

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー