人民元を世界基軸通貨へ。中国のばら撒き政策がアフリカでじわじわと効いてきた

人民元を世界基軸通貨にしたい中国が、後発国にお金をばら撒いて味方に引き入れています。アフリカ諸国では、人民元を外貨準備に採用すること検討しています。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2018年6月7日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

金準備を積み増す中国。アフリカ諸国が外貨準備に人民元を採用へ

後進国を味方に引き込む中国

人民元を世界基軸通貨にしたい中国が、アフリカに橋頭堡(きょうとうほ。戦闘を有利に運ぶための前進拠点)を築いているようです。海外報道を翻訳しながら、ポイントを解説します。

5月29日、30日にジンバブエで開催された会議で、アフリカ諸国14カ国の中央銀行高官や政府高官17人が出席し、人民元を外貨準備にすることについて議論した。

東南アフリカ地域マクロ経済金融管理機関(MEFMI)の報道担当官は、会議出席者は中央銀行副総裁や事務次官、さらにアフリカ開発銀行の高官であるとのこと。

出典:Top finance officials discuss possible use of Chinese yuan as reserve currency for eastern, southern Africa – Xinhua | English.news.cn(2018年5月29日配信)

報道担当者によると、今回の議題は“外貨準備管理の傾向”である。この報道担当者の主旨は以下の通りである。

同地域のほとんどの国々の外貨準備は米ドルであり、その構成比率は世界経済の動き(中国やインド経済の大きな伸び)と同調していない。

多くの国々は中国から借款を受け、その返済には中国人民元で返済しなければならない。

それゆえに、この地域では、人民元が共通通貨となっているのだ。

IMFのSDR通貨バスケットに人民元を含めたことは非常に重要で、IMFが公式外貨準備通貨として認定したことになる。

現在では、全世界で130カ国以上において中国が最大の貿易相手である。重要なことは、このような国際経済の新たな変化から、どのような利益を勝ち取るかということである。

過去5年間を見ても、欧米からの貿易や投資は冷え込んでおり、中国からの投資機会を逃さないことが重要である。

出典:同上

報道にある通り中国は、人民元借款、人民元建て原油取引、人民元建て金取引など、あらゆる分野で紙切れに印刷したペーパーマネーの人民元をばら撒いています

Next: 世界基軸通貨を座を勝ち取るには、金準備を増やす必要がある

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい