fbpx

人民元を世界基軸通貨へ。中国のばら撒き政策がアフリカでじわじわと効いてきた

金準備を増やして世界基軸通貨へ

世界基軸通貨から、究極的には世界覇権通貨を狙っている中国ロシア。その歴史的変化を見るには、良いチャートを見つけましたので紹介します。

両国が目的を達成するには、自国の金準備を増やすことが最低条件なのです。早速、以下のグラフを見てください。

中国とロシアの金準備の歴史的変化(2007年から2017年の増加トン数)

180618gold_1

中国人民銀行は600トンから3倍の1843トンへ、ロシア中央銀行は450トンから4倍の1839トンへと大きく増やしています

ただし、中国は、いままで金準備トン数の買い増しを発表していましたが、IMFのバスケット通貨に組み込まれて以降は発表していません。しかし、舞台裏では積極的な買い増しをしているのは間違いないでしょう。

現在の覇権通貨国である米国では、金準備はまったく増えていませんし、第三者機関による実地棚卸しをまったくしていないことから、かなりの数を貸し出しをしているのではないか?と疑われている始末です。

中央銀行金準備額(米ドル)/人口比率

左から中国、EU圏、日本、ロシア、スイス、英国、米国、カナダです。

180618gold_2

中国は、人口1人当たり56ドルの中央銀行金準備しか保有していません。ロシアでも537ドルしか保有していません。現在の世界覇権通貨国・米国並みの1051ドル分まで増やすには、中国は約19倍に増やす必要があります。ロシアの場合は2倍に増やさねばなりません。

つまりどう考えても、中国とロシアはこれまで以上に金準備を積み増すことでしょう。

Next: さらに買い増しが必要な中国。世界の金準備は増加の一途をたどっている

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー