fbpx

【6月米雇用統計】貿易戦争に主役を譲った今夜は「押し目買い」。110~111.5円を想定=ゆきママ

本日7月6日の21時30分(日本時間)より、6月米雇用統計が発表されます。米中貿易戦争の行方が注目されるなか、今夜の米ドル/円はどう動くのでしょうか? 雇用統計の展望と有効なトレード戦略を考えます。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

テーマは「FOMCの答え合わせ」。レンジブレイクの有無に注目!

雇用統計より米中貿易摩擦問題?

しつこい円売りでも株価は伸びず、なんとなく円安と株高をセットで意識していた投資家にとっては、ここ1~2週間の動きはチグハグに感じられます。そんな中で迎える今日の雇用統計の展望を考えて行きたいと思います。

トランプ大統領は本日6日の東部時間0時1分(日本時間13時1分)、340億ドル相当の中国製品に25%に追加関税を発動しました。また、さらに2週間以内に160億ドル分の追加関税を課す可能性があり、合わせて500億ドル規模の関税パッケージが実施されることになりそうです。

これまでは言葉だけの応酬でしたが、今日からはいよいよ実態を伴うことになります。中国政府も米国が関税を実施すれば、即座に米国製品500億ドル相当に同様の関税を課す報復措置を講じるとしていますから、それが実施されるかどうかにも注目でしょう。

現段階では、せいぜい500億ドルといった規模ですから、直接的に経済に与える影響は限定的と思われますが、市場心理を悪化させる可能性は高いでしょうから、今日はこれを受けての市場の反応をまずは確認しておきたいですね。

既に織り込み済み、といった声がある一方で、リスクオフ(回避)相場の始まりといった懸念の声も多くあります。株価の暴落、円高という動きが強いようであれば、もはや米中の交渉・対立のテンションが相場のメインテーマとなって、雇用統計云々という話は吹き飛んでしまいますからね。

雇用統計のテーマは答え合わせ!

先月行われたFOMC(連邦公開市場委員会)では、年4回の利上げが示唆されており、ここ最近のドルの押し上げも多少はそういったことが影響しているでしょう。なので、今回の雇用統計でも、とりわけ平均時給がしっかりとした足取りを示すのであれば、一段と織り込まれることになります。

Fedウォッチ(金利先物市場が織り込む利上げの確率)を見る限り、現段階で49.4%となっていますから、かなり織り込みは進んでいるんですけどね。一般に70%以上であればFRB(連邦準備制度理事会)は、実際に行動に移すとされています。

年末までは、まだかなりの時間がありますから、今回の結果が良かったからといって急激にここの数字が高まることはなさそうなので、そういう意味では、これを理由に一段のドル高というハードルも高そうです。

というわけで、今回の雇用統計はあくまで補完的な位置づけというか、あくまでもFOMCの答え合わせといった程度なのかなと。

逆に、予想を下回る結果になってしまうと、先に書いた貿易問題を先取りした影響との認識で、いつも以上に悲観的に受け止められる可能性がありますから、警戒しておきましょう。

Next: 今夜のトレード戦略は? 気になる先行指標も

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい