fbpx

老後破産する人・しない人の違いとは? 現役世代が描くべき自分のリアルな老後=牧野寿和

ある日、突然「お金がない…」という状況に陥る。あなたの人生に、こんなことは起こらないと思うでしょう。しかし、リタイア後には起こる可能性があるのです。(『【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ』牧野寿和)

プロフィール:牧野寿和(まきの ひさかず)
ファイナンシャルプランナー、牧野FP事務所代表。「人生の添乗員(R)」を名乗り、住宅取得計画やローンプラン、相続などの相談業務のほか、不動産投資、賃貸経営のアドバイスなども行う。著書に『銀行も不動産屋も絶対教えてくれない! 頭金ゼロでムリなく家を買う方法』(河出書房新社)など。

十分な貯金があっても危険? あなたも「下流老人」になりえる

ある日、突然「お金がない」はやってくる

ある日、突然「お金がない…」という状況に陥る。あなたの人生に、こんなことは起こらないと思うでしょう。しかし、リタイア後には起こる可能性があるのです。

そこで今回は、急にお金が無くなることのないように、老後の人生の描き方を考えてみます。

貯めていたお金は減っていく

現役時代には、給与が振り込まれる口座から、生活費やその他に必要なお金を振り替えたり振り込んだり、または現金で引き出して使っていると思います。

リタイア後も、同じように口座から振り替たり振り込んだり、または現金で引き出して使っていくことになります。

しかし、老後と現役では明らかに違うことがあります。それは、口座の残高の違いです。

確かに、生涯にかけて公的年金は支給されます。しかし多くの方は、現役時代の給与とでは、相当の差があります。つまり少ないのです。その分、口座残高も少なくなるのです。

この状況に直面したとき、あなたはどんな反応をするでしょうか。

通帳を見るたびに「この先やっていけるのか」と心細くなる人もいれば、「残高が減っていくのは前々から知っている。そのための対策を取ってある」という方もいます。

対策はあるのか?

リタイア後、年金などの限られた収入で貯蓄を増やしていくことは、不可能に近いです。

現役の時代から、老後の生活費用を貯めておいたり、一定の収入を得られる副業を始めておくことも必要でしょう。

定年退職のときに退職金をもらってから、そのお金を
・株式などの金融商品で運用してみたい
・取りあえずは預金しておく
・家のリフォームに使う
・旅行費用に使う
・少しずつ生活費として使っていく
という方がいます。

また、現役中に個人年金保険などの金融商品を運用して、公的年金と合算すれば、毎月現役時代の8割近くの収入を確保している人もいました。

しかし、このような方でも、老後の生活が心配だと相談にみえることもあるのです。

Next: お金がある人もない人もハマる「共通の落とし穴」とは?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい