fbpx

安倍三選で日本株は浮上するか? リーマン危機10周年で噴出する「次」への恐怖=山崎和邦

我々は安倍三選で織り込み済みだが、日本の政局に詳しくない海外勢は改めて買い直す可能性はある。しかし脳裏に浮かぶのは、次のリーマン危機への警戒感だ。(山崎和邦)

※本記事は、有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く2018年9月10日号の一部抜粋です。今月分すべて無料の定期購読はこちらからどうぞ。

中期的には上値は取れない?いずれ転換点が来るとの警戒感が蔓延

安倍三選で海外勢は…

我々は安倍三選で織り込み済みとしているが、日本の政局に詳しくない海外勢は、安部三選なら改めて買い直す可能性はある。

小幅続落とは言え、日足で6日連続陰線、騰落レシオで83%台というのは、超目先で言えば陰の極かもしれないから、ここで超目先は弱気になる必要はないであろう(編注:原稿執筆時点9月9日)。

【図-1】

180911yamazaki_1

【図-2】3月・6月と同様に、決算月である9月末にかけて、価格維持のための日銀ETF買いが積極的に実施されるかを注視したい

180911yamazaki_2

少なくとも中勢的には上値はとってこられない

当メルマガの5月13日号で、9項目の内外要因を簡単に列挙し、最終的に結論としては「少なくとも中勢的には上値はとってこられない」とした。

5月中旬にはチャート上でゴールデンクロスしたから、長期的な上昇相場につながるようなことをはやし立てて強気筋が騒いだが、筆者は、5月13日号で「チャート上でゴールデンクロスしても投資家心理は弱い」を標題とし、こう述べた。

「今回のゴールデンクロスは、必ずしも長期的な上昇相場につながらない場合がある。75日移動平気が上昇し、25日移動平均も上昇してクロスした場合にはホンモノであることが多い。しかし今回の場合、75日線は下向きである。ゴールデンクロスはいわゆる『罫線上のダマシ』であり、1960年後半に移動平均によるチャート分析を日本に輸入したグランビルの言葉で言えば、『技術的修正』があり得るということになる。今日の言葉で言えば、『テクニカルで言えばダマシとなるケース』が多いということになる」

市場内外要因を色々と列挙した結果、結論的には「少なくとも中勢的には上値はとってこられない」と断定した。これが当メルマガの5月13日号(1)であった。

少なくともそれ以降の4カ月間、1月高値24,100円はとってこられなかった。

Next: 小すくいの姿勢が重要?「年末にかけて大相場」との予測もあるが…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい