fbpx

安倍三選で日本株は浮上するか? リーマン危機10周年で噴出する「次」への恐怖=山崎和邦

いずれ転換点を迎えるとの警戒感が背景にある

今週の土曜日が世界を揺るがした2008年9月のリーマン・ショックから満10年の日となる。

そこで日経ヴェリタス9月2日~8日号の1面の見出しにこうある。「その日が来る前に」、これが大見出し。次は文面にこうある。

「8月下旬、都内にある外資系証券の株式担当者に、米国のヘッジファンドから連絡が入った。しばらくキャッシュ・ポジションを増やすことにしたと。しばらく日本株は買いにくいという含みだ」。中略して、こう続く。「いずれ転換点を迎えるとの警戒感が背景にある」。

次に小見出しだけ挙げる。第1面に「逆回転リスク、くすぶる火種」「強まる警戒、変動に備え」。

次は私見である。危機への備えは平時から心がけるというのは当たり前のことだ。次の危機はいずれ訪れるということも当たり前のことだ。「常在戦場」とは市場行動をする人の日常の心構えであることは言うまでもない。今さら筆者がこんなことを言うことは僭越の極みであろう。

次に同紙の2ページ目の見出し「次の危機、予兆はどこに」とあり、その小見出し「新興国通貨安の連鎖」「民間債務の拡大」「中国の債務」「根強い不透明感」「米利上げで動揺しやすく」「VIX指数の急上昇を警戒」「低金利で運用難、ショック増幅」「ITバブルほうふつ」「ハイテク株に余剰マネー集中」これが2頁・3頁の小見出しである。

続きはご購読ください。初月無料です<残約11,000文字>

当面の市況:2万3千円の上値抵抗線/海外勢の日本株売りが10年ぶりの最高ベース

安倍三選の実現と石破氏の正論

生かされなかった金融庁内・専門家チームの忠告

投資信託投資者の評価損

景気動向に敏感な指数が8月末に下落

「晴れた日には3万8千円が見える」(1年前の大和証券・木野内氏)

「晴れた日にはGMが見える」(40年前のJ・パトリック・ライト著作)

原油価格高めに推移する可能性と嘗ての教条主義者の言い分

中国人民軍の正体

NY市場のプレイヤーたちは見通しが甘すぎる

トランプのCIA総括の波紋は

前米国民に及び「理念の共和国たる米国」は崩壊寸前にまで行く恐れあり

マクロの景気の見方

「2%目標」が達せられない背景

※これらの項目は有料メルマガ限定コンテンツです。→ いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」*相場を読み解く』2018年9月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本の教育に勝ち目なし。なぜアメリカは天才を量産して世界覇権を握り続けるのか?=午堂登紀雄

【関連】日本円での貯金はもはや自殺行為。必ず来るインフレが「老人の国」日本を殺す=鈴木傾城

【関連】日本の地価崩壊はもう始まっている。東京五輪が「経済災害」になる日

1 2 3

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2018年9月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー