fbpx

米株市場には楽観的な見方が増加。今こそ「バレンタイン・クラッシュ」に備えよ=江守哲

アメリカ市場の今後の行方は

さて、米中貿易戦争の行方も気になりますが、問題はやはりバリュエーション調整です。これが終わらないと、次のステージに向かうことはできないでしょう。

その際には、目先の材料ではなく、より大局的な動きを見ていくことが肝要です。その答えはすでに申し上げたつもりです。

FRBが何かしらの手立てをしても、それは目先の話です。方向性は決まっています。そう考えています。

ダウ平均で1万5,000ドル程度まで調整すれば、安心して買うことができると考えています。少なくとも、1万8,000ドル以下になるまで、いまの市場をじっくりと見ていきたいと思います。

今後はボラティリティがきわめて高い状態が続きます。その中で戻り売り戦略を継続します。ボラティリティが高くなりますので、19年はトレーディングを上手くやることが肝要です。

19年は「トレーダーの年」になります。「BUY AND HOLD」などの長期投資は報われないと考えています。「QUICK IN AND QUICK OUT」でトレードすることが肝要です。

間違ったら、すぐに手仕舞いし、次に備えることです。そして、大半を現金にし、余裕資金だけでトレードすることです。

このルールを守ることが、19年の市場ではきわめて重要です。長期投資を再開するのはまだまだ先でしょう。20年までのチャンスを待ちたいと思います。

「株価は割安」と判断できる水準になるには、ダウ平均は1万5,000ドル、S&P500は1,500ポイント、ナスダック指数は4,000ポイントです。相当下の水準です。

【ダウ平均株価:2019年の想定レンジ】
弱気シナリオ2万483~2万3,675ドル、年末2万2,296ドル

【ダウ平均株価:1月の想定レンジ】
弱気シナリオ2万1,951~2万3,675ドル

【S&P500:2018年の想定レンジ】
弱気シナリオ2,183~2,561ポイント、年末2,336ポイント

【ダウ平均株価:1月の想定レンジ】
弱気シナリオ2,373~2,561ポイント

【ナスダック指数:2018年の想定レンジ】
弱気シナリオ4,794~6,871ポイント、年末5,224ポイント

【ナスダック指数:6月の想定レンジ】
弱気シナリオ6,064~6,871ポイント

続きはご購読ください。初月無料です<残約18,000文字>

株式市場:日本株は米国株に比べて戻りが鈍い

為替市場:ドル円は円高基調が継続

コモディティ市場:金は上昇継続、原油は戻りを試す局面

今週の「ポジショントーク」~戻り売り基調継続

今ヘッジファンド投資戦略~「ヘッジファンドは生き残れるのか」

ベースボール・パーク~「週末は大阪セミナー」

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2019年1月21日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方は、バックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した日本市場金、原油各市場の詳細な分析もすぐ読めます。

2019年1月22日号の目次

★新年のご挨拶
◎まぐまぐ大賞2018の受賞御礼
◎メルマガ「江守 哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ」のお知らせ
☆トレード用インジケーターのご紹介
*「EMORI CLUB」の会員募集のお知らせ
*「EMORI CLUB」新年会のお知らせ
◆マーケット・ヴューポイント~「バレンタイン・クラッシュ」に備える
*株式市場~米国株は戻りいっぱいに、日本株は米国株に比べて戻りが鈍い
*為替市場~ドル円は円高基調が継続
*コモディティ市場~金は上昇継続、原油は戻りを試す局面
◎今週の「ポジショントーク」~戻り売り基調継続
○ヘッジファンド投資戦略~「ヘッジファンドは生き残れるのか」-投資戦略構築のポイント
◇ベースボール・パーク~「週末は大阪セミナー」
■セミナー・メディア出演のお知らせ

【関連】なぜ年収数億円の有名人が破産する?私たち庶民にも参考になるたった1つの防衛策=鈴木傾城

【関連】日経平均は夏前に2万4,000円へ、消費税増税を確実にする日銀「追加の金融緩和」発動か=藤井まり子

【関連】ゴーン氏もこうすれば疑われなかった?富裕層が慈善団体を設立して巨額寄付するワケ=児島康孝

1 2 3 4 5 6 7 8

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

[月額880(税込) 毎月 第2金曜日・第4金曜日(年末年始を除く)]
このメールマガジンでは、国際情勢や国内外の政治情勢の「真の背景」を読み解きます。経済は政治で決まり、政治は国の組織が決めます。そして、すべてのことがシナリオに基づいて動いています。しかし、その舞台裏は意外とシンブルです。それらの「真の背景」を理解すれば、すべてが面白いように見えてきます。毎月第2・第4金曜日にお届けするこのメルマガでは、これまで世界各国の人間と仕事をしてきた経験と人脈から、マスコミが報じることができない独自の見解をお届けします。ビジネスマン、投資家、学生など、様々な立場のひとにとって有益な情報となるでしょう。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー