fbpx

サイバーエージェントの一人勝ち?数少ない成長産業のインターネット広告業界を分析=栫井駿介

圧倒的な力をつけるサイバーエージェント

前者の代表格といえば、紛れもなくサイバーエージェント<4751>です。シェアはトップで、業界平均を上回る成長を続けます。

出典:サイバーエージェント

出典:サイバーエージェント

特に「データの蓄積」に関しては、数をこなせばこなすほど力が強化されるものです。

業界最大手のサイバーエージェントの強みは、時間が経つごとに薄れるどころかますます強まると考えます。従来の広告代理店や競合が手をこまねいている間に、圧倒的な地位を築く可能性が高いと言えるのです。

その他のインターネット広告代理店も、売上高こそ伸びてはいるものの、利益は鳴かず飛ばずという場合がほとんどです。それもそのはずで、この業界は参入障壁が低く、競争が絶えません。近年の利益低迷は、価格競争が激化が業績に表れているためと考えます。

独自の道を見つける企業が現れるか

価格競争に陥らないためには、各社は特徴を出さなければなりません。サイバーエージェントに挑む覚悟が無いのなら、バッティングしない分野を徹底的に磨くことが収益性向上への近道です。

サイバーエージェントに次ぐ規模のオプトHD<2389>セプテーニHD<4293>はどっちつかずの中途半端な印象を受けます。

両社とも電通<4324>と提携するなどして追いつこうとしているのでしょうが(オプトは2017年に解消)、それがかえって各社の特徴を出しにくくしている可能性があります。

市場は大きくなくても、ニッチな分野でトップシェアを築ければ、インターネット広告へのシフトに伴い当面は高収益・高成長を遂げられる可能性があります。現段階ではそのような戦略を取っている企業は見つけられませんが、継続して探していきたいと思います。

現時点において、残念ながらはっきりおすすめできる会社はありません。サイバーエージェント以外で力強い成長が期待できる企業が見当たらず、どの会社もPERは低くありません

【PER】(2019年1月24日時点)
サイバーエージェント<4751>:104倍
オプトHD<2389>:22.9倍
セプテーニHD<4293>:20.3倍
電通<4324>:18.5倍

一方のサイバーエージェントは、赤字のAbemaTVへの投資注力により投資判断が難しくなっています。圧倒的な地位を持つ広告代理手は評価できるため、その他の様々な事業を含めて別途分析を続けたいと思います。

gazou4


つばめ投資顧問では、株式投資による資産増加にとことん付き合うプロジェクト「スノーボール計画」を実施しています。ゆっくり幸せなお金持ちになる!「スノーボール計画」にあなたも参加しませんか?

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

image by: Piotr Swat / Shutterstock.com

【関連】逃れられない日本の財政破綻、私たちの資産が政府に吸い上げられる日は近い

【関連】避けられない「世界同時不況」は2019年に起こる?引き金を引くのは中国か米国か欧州か=高島康司

【関連】政府の基幹統計、4割の22統計に誤り。信頼毀損で海外投資家は日本から完全撤退へ=今市太郎

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年1月24日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー