fbpx

ナイキ、アップル、スターバックス…世界の名だたるCEOが早起きをするワケ=上野啓樹

朝は何時に起きていますか?ナイキ、アップル、スターバックスなど、世界の名だたる企業のCEOはみんな早起きです。それはなぜか、早起きのメリットを解説します。(『オナラが出ないカラダになる~健康を文化に!上野啓樹の本には書けないダイエットの真実~』上野啓樹)

※本記事は有料メルマガ『オナラが出ないカラダになる~健康を文化に!上野啓樹の本には書けないダイエットの真実~』2018年11月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:上野啓樹
ダイエットアカデミー代表。公務員時代に生活習慣の乱れから激太り。すぐに息がきれるデブ人生に終りを告げるべく、健康的なダイエット法を求め試行錯誤の末、健康になるダイエットプログラムを確立。公務員を辞め、健康になって人生を変えるダイエットプログラムを世に広めるため2008年に独立。2013年から「ダイエットアカデミー」を福岡、東京、大阪で開校。著書累計13万部を超えるベストセラー作家でもあり、代表作に『40歳からはカラダで差がつく!エリートの最強コンディショニング』など。

朝、早起きをして損することはひとつもない

コンディションは朝、作られる

朝6時。あなたは何をしていますか?

もしかしたら「寝ている」という人が多いかもしれませんね。

しかし、世界で活躍するCEOは起きて行動しています

ナイキのCEO、マーク・パーカーさんは、5時に起床し、すでに1時間の運動を終えています。4時半に起きたアップルのCEO、ティム・クックさんは部下にメールで指令を送っています。スターバックスのCEO、ハワード・ショルツさんはやはり4時半に起き、すでに6時には会社に出社しています…。日本の経営者も、早起きする人が多いようです。

ある経営者は、こう言います。「経営は、“判断業”といって良いほど、判断の連続。ベストな判断をするためのコンディションづくりのために早起きの習慣をつけることは不可欠」だと。

彼らは成功者だから、早起きになったとは思わず、早起きだから成功したと思います。

“朝の過ごし方を変えるだけで人生が変わる”。

これは僕が主催するダイエットアカデミーでお伝えしていることであり、多くの成功者も口をそろえて言っていることです。

あなたは朝の過ごし方を大切にしていますか?

もし大切にされているのであれば、それだけでコンディションが良いのではないでしょうか?朝を優雅に過ごしていると、本当にココロとカラダが豊かになります。

逆に朝はギリギリまで寝て、慌てて起きて身支度をして、朝食を食べて出勤するだけの時間を過ごすという人は、慌ただしく1日をスタートさせて、会社に着いてもすぐに仕事をする準備ができていないので、全ての行動が後手後手になっていくと思います。

僕自身、サラリーマンと公務員時代は慌ただしい朝を過ごしていました。

会社に着いてもすぐにスイッチが入らずに、コーヒーを飲んだり、同僚としゃべって、1時間くらいしてからやっと仕事がスタート。1時間遅れてのスタートですから、全てが1時間以上ずれていて、そのツケを残業で補う。

残業時間になってようやく集中力が増してくれば良いのですが、お腹が空いてきてあまり仕事がはかどらない!そんな毎日でした。

これは以前の僕に限ったことではなく、こういうビジネスパーソンは多いと思います。

僕も今になって分かったことなのですが、夕方以降に仕事がはかどる人は、かなり体内時計がずれていると自覚した方がよいです。体内時計がずれていると疲れやすく、また疲れが取れにくいです。それが積み重なって太ったり、体調不良や病気の原因になります。

もし、ちゃんと早寝早起きをして、余裕を持って出勤して、朝からバリバリ仕事をしていたら、夕方以降まで集中力が続くのは人間の脳やカラダの構造上から見ても難しいです。

Next: 早起きをしたら、朝の時間をどのように過ごすといい?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい