fbpx

「米国新車販売好調」のウソ。いま水面下で何が起こっているのか?

ブルームバーグは何を隠している?中銀の外貨準備総額が減少

シルバー(銀)のアナリストが、最近気がついたことを下記の記事で指摘しています。
Is Bloomberg Hiding Something?

【記事のポイント】

ブルームバーグの有料配信サービスの利用者には色々な情報特典があり、その1つとして全世界の中央銀行の外貨準備総額のデータが入手できます。

この外貨準備総額は5年前の2010年12月1日から情報提供がスタート、毎週金曜日に最新データにアップデートされており、現在まで続いていました。

ところが、2015年12月11日金曜日、そして12月18日金曜日のアップデートはなく、情報が止まったままになってしまっています。

実は2015年12月1日に、この全世界の中央銀行の外貨準備総額の減少に気付き、その件に関する記事を発行したばかりでした。

その要旨は、2014年8月のピーク時点以降、2015年11月27日時点まで縮小を続け、その減少額は752B$で、比率にして6.25%の縮小となっており、これは1948年以降初めての現象であることを指摘しました。

我々の意見としては、過去に前例のないこの減少は、全世界で起きている負債の穴埋めに外貨準備が費消され、すなわちそれは、大恐慌状態であると考えています。

何故ブルームバーグはこのデータの発表を停止させたのか?データを隠したいのか?それともデータの公開を誰かが差し止めさせたのか?もう一度、この重要なデータの公表再開を望むものです――

これに答える勇気のあるバンカーはいないでしょう。

【関連】ISがサリン原料をトルコから入手、合成に成功か~野党議員が証言

【関連】「ISをトルコ、米国が支援」これだけの証拠~密売石油は日本へも

1 2
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2015年12月24日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい