fbpx

毎月2校ずつ私立学校が潰れていく。工場廃地へと変貌したデトロイトの悲惨な現状

かつて自動車産業で栄えたミシガン州で、授業料の高い私立学校が次々に閉校となっている。毎月2校が消えるペースで、この問題は街全体の荒廃につながっている。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2019年6月5日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

ここだけの問題じゃない?自動車産業で栄えたミシガン州に何が…

高い私立学校が潰れていく

かつては経済が繁栄していた自動車産業ベルトのミシガン州。衰退と共に、私立学校が消えつつあるとの海外報道が出ています。要点を翻訳しながら解説します。

ミシガン州の私立学校は、過去10年間、毎月2校のペースで閉校になっている。

その多くはキリスト教系の私学だが、非宗教系や幼稚園、モンテッソーリ教育の学校なども例外ではない。2009年から現在までの10年間、ミシガン州では200校以上が閉校となっている。

その原因について、ミシガン州の約400のミッションスクールをまとめているミシガン州私立校協会によると、子どもの数が減り、この地域の経済が絶望的な苦境にあるためだ。

2018年私立学校に通学している児童数は11万2,000人で、2009年の13万人から比較すると14%の減少となっている。

私立学校の授業料は年1万ドル強から1,000ドル弱までいろいろだが、これは教会の献金基金からの援助があるからだ。

しかし、それもいつまで続くかはわからない

出典:200 private schools have closed in Michigan in the last decade – Detroit Free Press

「兄弟ともにミッション系私学で育ったので、それが減るのは本当に残念です。また、責任感を育むモンテッソーリ教育理念の学校も減っているのは悲しいことです」

出典:同上

ミシガン州は荒廃していく…

下図は、ミシガン州で閉鎖された学校を記した地図です

ミシガン州は、元々、デトロイトという自動車工場の集中する地域で、経営層から上級社員、正社員が多く存在した地域であり、授業料の高い私学も多い場所でした。

全米自動車労働組合を嫌う自動車メーカーは、ミシガン州から脱出するために、南部地域への工場移転で徐々に地域経済を空洞化させ、低所得の非正規社員や派遣社員の住む街へと変貌させたのです。

そうなれば、児童を私学へ通学させる余裕は無くなり、その学校は廃校となるのが、自然の流れです。

Next: 荒廃へ向かうデトロイト、学校だけでなく医療機関も減っていく…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい