fbpx

韓国のGSOMIA破棄、実はまったく影響なし。日米朝から完全に無視される文在寅=江守哲

GSOMIA破棄は取るに足りないこと

それに対して、韓国は存在感を示すことが必要と考えたのでしょう。相当の焦りです。しかし、やり方を完全に間違えました。

そして、挙句の果てに、韓国は日韓防衛当局間で軍事機密のやりとりを可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると22日に発表しましたた。同日午後の国家安全保障会議(NSC)で破棄の方針を決定し、文在寅大統領が了承したといいます。

繰り返される弾道ミサイル発射など北朝鮮の脅威に対抗する日米韓の安全保障の連携は、文政権下で後退を余儀なくされることになります。

もっとも、ミサイルについては、その意義は当メルマガですでにお話した通りです。なにも問題ありません。韓国の情報は必要ないとも言えます。

表向きは「大問題だ」というようにしなければなりません。しかし、米国と日本の連携、さらに北朝鮮の現在の位置づけを考えると、韓国からの情報はもはや無価値になっている可能性が高いといえます。

しかし、韓国側は、これを大ごとのようにし、日本のせいだと声高に叫びます。ことを大きくして、注目させたいわけです。しかし、その意味ももはやありません。

破棄を発表した韓国大統領府の金有根・国家安保室第1次長は、「日本政府が貿易管理上の優遇対象国から韓国を除外すると決めたことが、両国間の安保協力環境に重大な変化を招いた」としています。

そのうえで、「敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を持続させるのは国益に合致しない」とし、日本への不信感が破棄の理由としました。そんなことは、もはや日本にとってはどうでよいことです。

トランプも韓国のことはもうどうでもよくなっている

GSOMIAは朴槿恵前政権下の16年11月に締結されました。北朝鮮が核・ミサイル開発を進める中、日韓両政府による安全保障上の連携の「象徴」とされ、北東アジアの安定に向けた日米韓協力の支えとなっていました。

しかし、日本政府が安全保障上の懸念を理由に韓国向け輸出管理を強化して以降、韓国政府内で「韓国を信頼できないとする国と敏感な軍事情報を交換することが正しいのか」とする声が上がり、韓国国内でも市民団体などから破棄を求める声が上がっていたということです。

実情を知らないと、このような行動になるのでしょう。

日本や韓国でミサイル防衛の構築を進める米国は、韓国側にGSOMIAの重要性を訴え、維持に向けて働き掛けてきました。しかし、韓国政府は米政府にも破棄決定を伝達しました。

韓国の大統領府関係者は「米国はわれわれの決定を理解している」としているようですが、トランプ政権内の文政権への不信感はとっくに高まっており、信頼はほとんどなくなっています

もはやどうでもよいとさえ言ってよいかもしれません。

Next: 日本の抗議は「ただのポーズ」? 韓国だけが孤立する事態に

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー