fbpx

「韓国滅亡説」に現実味。出生率激減で世界の研究機関が「最初に消える国」と警鐘=勝又壽良

「人口減社会」を待ち受ける悲惨な結末とは

韓国統計庁は2019年3月、将来人口推計を発表した。

総人口は、今や確実に2019年の5,165万人をピークに減少に転じる状況だ。総人口は2067年に3,365万人まで減り、1972年の水準まで低下する。今年の人口から見て、48年後には35%の減少だ。社会保障制度は維持できまい。

人口減社会は、従来の予測では2024年であった。こうした「繰り上がり状況」は、韓国の準備を間に合わなくさせている。

日本は、すでに人口減少社会だが、年金制度が完備している。日本は、2025年に合計特殊出生率を1.8(現在は1.4台)に引き上げる目標で種々、施策を行なっている。

韓国は、この目標すら放棄して「なすがままに」という諦めの状況である。

問題は官僚制度

これは、韓国の官僚制度に問題がある。

韓国大統領制は、権力が過剰に集中する意味で「李朝」そのものだ。これを反映して官僚は、「家産官僚制」という恣意的に動く集団である。近代官僚制は、決定事項を合理的に遂行するシステムである。韓国官僚制は、とうてい近代官僚制とは言えず、家産官僚制的な行動パターンだ。

人口減社会を上手く操作できる。そういう能力を欠いていると言うほかない。中国の官僚制と似た部分が多いのだ。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】韓国、無年金者が54.1%の衝撃。文在寅政権の反日と税金ばら撒きで自滅していく=勝又壽良

【関連】訪日自粛で韓国の2大航空会社が倒産危機、セルフ経済制裁で国ごと沈んでいく

<初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー>

※2019年12月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年11月配信分
  • 香港人権法、米国が中国へ突付けた刃で新冷戦、習近平は逆境(12/5)
  • 韓国の出生率は記録的急低下、確実になった地球上で「最初に消える国」(12/2)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2019年12月2日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】後に引けない東京五輪。トイレ臭水泳会場、遊泳禁止も「条例変更」で強引開催へ=ら・ぽ〜るマガジン

【関連】ミニストップ、193店閉店で経営悪化が止まらない。もう取り返せない4つのしくじり=栫井駿介

【関連】損保ジャパン4000人削減で最悪の労働搾取モデルが完成。業務自動化で年収250万減へ=今市太郎

1 2 3 4 5
勝又壽良の経済時評』(2019年12月2日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

勝又壽良の経済時評

[月額864円(税込)/月 毎週木曜日(年末年始を除く)予定]
経済記者30年と大学教授17年の経験を生かして、内外の経済問題について取り上げる。2010年からブログを毎日、書き続けてきた。この間、著書も数冊出版している。今後も、この姿勢を続ける。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー