fbpx

NY外為:ドル軟調、FRBがドル流動性供給、ダウ上昇に転じ40ドル高

マネーボイス 必読の記事







NY外為市場では米国経済指標の悪化や米連邦準備制度理事会(FRB)のドル資金供給措置を受けてドルが軟化した。ドル・円は108円62銭から107円82銭まで下落し日中安値を更新。ユーロ・ドルは1.0943ドルから1.0994ドルまで上昇した。

米連邦準備制度理事会(FRB)が31日、外国中央銀行にドル流動性を供給する暫定的なレポを設定。米国債を担保に外国中銀にドル資金を提供していく。月末、期末でドル資金が不足する事態を緩和。

朝方300ドル近く下げたダウ平均株価は上昇に転じ、40ドル高で推移した。




記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー