fbpx

東京為替:日経平均の下げ幅拡大でドル弱含み

マネーボイス 必読の記事



29日午前の東京市場でドル・円は107円40銭台で推移。米国と中国の対立がさらに深まる可能性があることから、リスク選好的な円売りは抑制されているようだ。日経平均は180円安で推移しており、下げ幅は拡大していることから、一部でリスク回避のドル売りが観測されている。仲値時点のドル需要は通常並だったようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円44銭から107円72銭、ユーロ・ドルは1.1070ドルから1.1082ドル。ユーロ・円は119円02銭から119円33銭。

■今後のポイント
・米国経済の段階的な再開
・主要国の大規模な財政出動
・米中対立への懸念

・NY原油先物(時間外取引):高値33.77ドル 安値33.34ドル 直近値33.39ドル

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー