fbpx

ダイナムジャパンホールディングス—20/3期は減収増益、新型コロナの影響受けるも当期利益は3期連続で増益達成

マネーボイス 必読の記事



ダイナムジャパンホールディングスは28日、2020年3月期決算を発表した。営業収入が141,919百万円(前期比3.0%減)、税引前当期利益が19,506百万円、当期利益が12,747百万円(同1.2%増)の減収増益となった。

中核事業であるパチンコホール業界においては、2018年2月に施行された改正遊技機規則に対応した新基準機の増加に伴い、パチンコ・パチスロともに稼働率の低下が進んでいる。また、日本国内における新型コロナウイルスの感染拡大により、2月下旬には北海道の緊急事態宣言、学校休校要請等、相次ぐ政府・自治体からの発令により市民生活は大きく制限され、この影響を直接受けているパチンコホール業界では、顧客数を大幅に減らしている。このような環境のなか、同社グループでは営業で蓄積された顧客の遊技データに基づく遊技機選定や中古遊技機の活用など、経費効率の向上に努め、顧客視点に基づいた遊技機構成への変更、店舗設備のリニューアルなど、各種営業施策に継続して取り組んできた結果、当期利益は3期連続で増益を達成した。

株主への利益配分については、1株当たり3円の期末配当とする。


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー