fbpx

コロナを政治利用する中国に世界が激怒。米国による犯罪国家認定で中国の経済成長は止まる=坂口昌章

中国経済に未来は暗い?

これに対して、中国も座視しているわけではない。

中国は、人民元の国際決済システム、国際銀行間決済システム(CIPS)を導入し、ロシア、トルコなど米国が経済制裁の対象とした国々の銀行が、このCIPSに多く参加している。

2019年4月時点でCIPSへの参加は89ヵ国・地域の865行に広がっており、国別の参加銀行数では第1位が日本、第2位がロシア、第3位が台湾である。

と言っても、現状では多くの貿易が米ドル建てで行われているのが現状である。中国経済の先行きについて楽観視できる要素はほとんどないのである。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2020年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年7月配信分
  • 中国の経済成長が止まる理由(7/6)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は、有料メルマガ『j-fashion journal』2020年7月7日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込550円)。

2020年6月配信分
  • アパレルDXについて考える(下)(6/29)
  • アパレルDXについて考える(上)(6/22)
  • モノ消費、コト消費からヒト消費(6/15)
  • マスクから国内生産が立ち上がる(6/8)
  • 香港国家安全法が日本経済に与える影響(6/1)

2020年6月のバックナンバーを購入する

【関連】新興国デフォルト危機に笑う習近平、コロナ禍を利用した「借金外交」で世界を牛耳る=らぽーる・マガジン

【関連】実はトランプ再選濃厚?コロナで支持率低下も、2つの秘策でバイデンを返り討ちにする=澤田聖陽

【関連】10万円給付を待ちわびる一般国民を尻目に、富裕層はもう大きなプレゼントを受け取っている=鈴木傾城

image by:Frederic Legrand – COMEO / Shutterstock.com
1 2 3

j-fashion journal』(2020年7月7日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

j-fashion journal

[月額550円(税込) 毎週月曜日 発行予定]
グローバルなファッションビジネスを目指す人のためのメルマガです。発行人はシナジープランニング代表と坂口昌章。繊維ファッション業界が抱えている問題点に正面からズバッと切り込みます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー