fbpx

海の日、スポーツの日の天気は?4連休は大雨に警戒、梅雨明けはまだ先か

「海の日」「スポーツの日」と、ゴールデンウィークぶりの祝日を迎える今週。緊急事態宣言が解除され「Withコロナ」の新しい生活様式に疲れてきたころ、ほっと一息つくのにちょうどいいタイミングだ。なかには「3密を避け、気分転換を」と考えている方もいるだろう。しかしこの4連休中は「梅雨明け前最後の大雨」になる可能性が出てきた。

梅雨明け前最後の大雨

今週の天気についてウェザーニュースは、「今週も曇りや雨と梅雨空の日が多くなります。24日(金)から25日(土)は活発化した梅雨前線の影響で、西日本から東海にかけての広い範囲でまとまった雨になる可能性があります」と予報。週間天気の表を確認すると、東京では22日(水)と23日(木)に雨の予報となっている。

特に注意していただきたいのは九州地方だ。あす21日(火)は大気が不安定で、一時的に雷をともなった激しい雨が降るところがあると予報されている。24日(金)、26日(日)ごろにも大雨が降るとされており、被害がさらに拡大する恐れもあるため、厳重な警戒が必要だ。

コロナ感染拡大「第2波」が懸念されている今、天気が崩れるとの予報は感染者数増加に歯止めをかける朗報とも言えるかもしれない。それも各地方で大雨予報の日付がちょうどよくずれ込んでおり、九州や中国地方では4連休まるまる雨となる恐れもあるが、関西や関東にかけては4連休すべてが雨で終わるということはなく晴れ間には息抜きができそうだ。連休による消費拡大効果も適度に維持されることが期待される。

今年の梅雨明けはいつ…?

今年の梅雨明けはいつになるのか。tenki.jpによると、「関東甲信地方の梅雨明けは平年では7月21日ごろですが、今年は去年に次ぐ平年より遅い梅雨明けとなりそうです。(去年は7月24日ごろ)」と伝えている。この先1週間も曇りや雨の日が続くと予想されている地域も多いため、貴重な晴れ間に洗濯物を干しておくことをおすすめしたい。

ツイッターの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

【関連】日本のコロナ感染者数、年内に53万人超えの衝撃予測。全米疾病対策センター採用AIの警告=高島康司

【関連】なぜ日本は世界から搾取されるのか。日本人が誇りとする「民度の高さ」が国を滅ぼす=鈴木傾城

【関連】副業しないと収入激減へ。サラリーマンが選ぶべき副業は○○一択=俣野成敏

Source:ウェザーニュースtenki.jp
Image by:sugar fresh 1 / Shutterstock.com

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー