fbpx

キヤノン株価急落は買い?33年ぶり減配、日本が誇るグローバル優良企業に何が起きたのか=栫井駿介

キヤノンの株価は「まだ妥当」、割安とは言えない

さて、現在の株価を見ますと、これは8月5日時点ですが、1,780円ということで先程お示しした1,700から2,250円の範囲内に収まっています。

つまり、これを見る限りキヤノンはまだ妥当な株価の範囲内にあるということが私としては考えられるわけです。

言い換えると、まだ割安とは言えないということです。

急落こそしましたが、そもそも事業の衰退ということを考えると、もはやこれぐらいの価値が妥当だったと思われますし、むしろ3,000円ぐらいあった株価というのは景気の流れだとか、あるいは配当に支えられていた部分が少なくないんではないかと思います。

逆にこの急落を受けて買うかというと、それに至るほど割安でもないわけです。

そもそも成長性に限界があるので持っていたところで、多少はもちろん回復するかもしれませんが、上限としてもせいぜい2,500円から3,000円程度ということで、必ずしも有利なものではないでしょう。むしろ新型コロナでこの業績の劣化が加速してしまうとするならば、ますます厳しい状況になってもおかしくないというリスクをはらんでいます。

買うほど割安でもなく、持ち続ける旨みもない

結論としては、今はまだ割安な水準とは言えないので、今が買いのタイミングとは言えませんし、また持ち続けるにしてもあまり大きな利益は望めないものになるのではないかと思います。

配当が減ってしまったので、さらに持ち続ける理由というのもなくなってしまいました。

正直、この銘柄を持っていることはあまり良い期待値を持つものではないと考えます。決してそこまで悪い銘柄だとは言えませんが、少なくとも今が買いだというタイミングでもないと思います。

もっと成長性の期待できる銘柄、あるいは割安さを求めるにしてももっと株価が下がった時に投資するという投資行動が有利なのではないかと私は考えます。

(※編注:今回の記事は動画でも解説されています。ご興味をお持ちの方は、ぜひチャンネル登録してほかの解説動画もご視聴ください。)

【関連】ZOZO復活の兆し?アパレル各社の「ZOZOがえり」は前澤氏不在のつまらなさを埋めるか=栫井駿介

【関連】ディズニーは再開をわざと遅らせた? じっくりコロナ対策できた3つの理由=栫井駿介


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】JR4社はいま買い時なのか? 年初来安値更新「割安」評価の裏に潜むリスク=栫井駿介

【関連】三井住友、純利益で三菱UFJを抜くも共倒れの危機?バフェットも見限る銀行業の暗い未来=栫井駿介

image by:Michael Vi / Shutterstock.com
1 2 3 4

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2020年8月2日号)より
※記事タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー