fbpx

「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも=高島康司

トランプ降ろしか、北朝鮮攻撃か。米政府の狙いとは?

もし「パナマ文書」のリークが米政府による意図的なものだとするなら、その目的は何であろうか?

これからアメリカ以外の国々の著名な政治家の名前が次々に公表されるはずだ。公表されて一番打撃が大きい国や地域を見ると、米政府の最終的な目的が何であるのか見えてくる可能性が高い。

だが、はっきりしていることは、「パナマ文書」による政治家の実名の公表は、米政府が目標とする政策を実行するように特定の国々に迫る脅しとして使えるという事実だ。

トランプを引き降ろすために使う?

また「ICIJ」がいうように、「パナマ文書」にある米民間人の名前がこれから公表されることになっている。もし共和党大統領候補のドナルド・トランプの名前があったらどうだろうか?

おそらく共和党の主流派はこれをトランプ引き降ろしのための格好の材料として使うに違いない。とするなら国策機関である可能性が高い「ICIJ」が「パナマ文書」を公開した目的は、トランプの引き降ろしであったことになる。

この可能性は決して低くくはない。しかしながら、「ICIJ」が「南ドイツ新聞」と協力して「パナマ文書」の分析をはじめたのは、1年前である。一方、トランプが大統領選の立候補を宣言したのは、昨年の6月である。調査が始まった時期には、まだトランプの立候補は決まっていなかった。ましてや、立候補した当初、トランプは泡沫候補の一人として見られ、すぐに消え去ると見られていた。

こうした点を考えると、決して否定はできないものの、トランプの引き下ろしが公開の目的であるとはちょっと考えにくいかもしれない。

北朝鮮攻撃が近い?

もしかしたら、この焦点になるのはロシア中国かもしれない。そしてその目的は、(日米韓合同軍による)北朝鮮攻撃の是認である。これは次回に書く。

【関連】「パナマ文書」の目的と国内マスコミが報じない国際金融の闇=吉田繁治

【関連】「パナマ文書」が政局の火種に 7月参院選を前に国民世論はどう動く

【関連】北朝鮮とヒラリー、ゴールドマンを結ぶ点と線~半島有事は近いのか

1 2 3 4

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』(2016年4月8日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

[月額880円(税込) 毎週金曜日]
いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい