日本人の大半が選ぶ「株式を保有しない人生」は糞ハードモードだ=鈴木傾城

マネーボイスに私の文章が掲載され、アクセスランキングでも好評のようです(年収400万円層が知らない本当のルール。富裕層になるたった1つの方法とは)。

文章は私のものなのですが、使用している写真や構成や題名などはすべてマネーボイスの編集者がマネーボイスの誌面に合うように手を加えているので、自分の文章が自分でも他人のものに見えてしまいました。面白いですね。

今回は、この記事について少し補足したいと思います。

マネーボイスに掲載されている文章は、『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』から抜粋された記事ですので、普段私のブログをご覧になっていても、メルマガ会員ではない方は読んだことのない記事であると思います。よろしければ、これを機にメルマガにご登録して頂ければ、私も嬉しく思います。(鈴木傾城)

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

今どきこの「ルール」に背く人間は、かなり厳しいことになる

第一線を退いてからも資産が増大するビル・ゲイツ

まず考えて欲しいのは、ビル・ゲイツのことです。

ビル・ゲイツは現在も世界最大の資産を持つ富裕者としてその地位を守り続けていますが、ビル・ゲイツがマイクロソフトのCEOを降りたのは2000年でした。

そして、マイクロソフトから完全に離れて慈善団体に活動の重点を移したのが2008年です。つまり、ビルゲイツは2000年代にはすでに経営の第一線から身を引いており、事業活動はしていないことになっています。

ところが、それ以後も多少の順位の変動はあったものの、ほぼフォーブスの世界長者番付で世界一位を独走していると言っても過言ではありません。

経営の一線を退いてから、ビル・ゲイツの資産はさらに増大しているのです。ここに一体何が起きているのかを私たちはよく考える必要があります。

ビル・ゲイツはマイクロソフトから離れた2006年以後、マイクロソフトの株式をどんどん売却しているのですが、それで何をしていたのでしょうか。

抜け目ないビル・ゲイツは、激しい競争に晒されているマイクロソフトの株式を売却して、コカ・コーラやカーディーラーや銀行や鉄道やレストラン運営やホテル経営などの企業の株式に転換して保有するようになっています。

ビル・ゲイツの資産を運営しているのがカスケード・インベストメントという企業なのですが、この企業の運営者がマイケル・ラーソンという投資家です。

ビル・ゲイツは、第一線を退いて「投資」で資産を膨らませているということになります。

あまりにも激甚な競争に晒されているマイクロソフトの株式をタイミング良く安全な株式に変えて資産を守りつつ膨らませているというのが実態です。

Next: ビル・ゲイツは貯蓄ではなく株式の資産価値増大で富裕層になった

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい