ノーベル賞無視のボブ・ディランと「一流トレーダー」の意外な共通点=矢口新

ノーベル文学賞を受賞した歌手のボブ・ディラン氏が、賞を辞退するかもしれないという。権威は、権威を否定されることを最も恐れる。そして権威など全く通用しない世界もある。(『相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』)

プロフィール:矢口新(やぐちあらた)
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。アストリー&ピアス(東京)、野村證券(東京・ニューヨーク)、ソロモン・ブラザーズ(東京)、スイス・ユニオン銀行(東京)、ノムラ・バンク・インターナショナル(ロンドン)にて為替・債券ディーラー、機関投資家セールスとして活躍。現役プロディーラー座右の書として支持され続けるベストセラー『実践・生き残りのディーリング』など著書多数。

※本記事は『相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』(2016年10月24日号)の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

権威は社会を固定化する。トレーダーは相場で権威に挑戦する

賛否両論、ボブ・ディラン氏の「ノーベル文学賞」受賞

2016年のノーベル文学賞に、歌手として史上初めて選ばれたボブ・ディラン氏が、騒動の種となっているようだ。

【関連】それでも日本株は上昇する~外国人売り、自社株買い、年金買いの果てに=矢口新

今年のノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)に米歌手のボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が選ばれたことを受け、文壇には「衝撃が走った」と言っても、まだ控えめな表現になるだろう。

今年の候補としては、シリアの詩人アドニス(Adonis)氏やケニアの小説家・批評家のグギ・ワ・ジオンゴ(Ngugi Wa Thiong’o)氏が有力視されていた。ディラン氏の受賞は、戦慄(せんりつ)や当惑、歓喜といったさまざまな反応で迎えられた。

フランスの小説家、ピエール・アスリーヌ(Pierre Assouline)氏はAFPに対し、「ディラン氏の名はここ数年頻繁に取り沙汰されてはいたが、私たちは冗談だと思っていた」と語り、選考委員会に対する憤りをあらわにした

<中略>

同じくノーベル賞候補の一人と目されているインド生まれの英国人作家、サルマン・ラシュディ(Salman Rushdie)氏は、より寛大な姿勢を見せている。同氏はツイッターで「素晴らしい選択」と評し、「(ギリシャ神話の吟遊詩人)オルペウス(Orpheus)から(パキスタンの詩人)ファイズ(Faiz)まで、歌と詩は密接な関わりを持ってきた」と、選考委員会の声明と同様の見解を示し、「ディラン氏は吟遊詩人の伝統の優れた伝承者だ」とたたえた。

米国の文豪でソーシャルメディア上での発信を頻繁に行うジョイス・キャロル・オーツ氏も、選考委員会からの電話を息を詰める思いで待っていたわけではないと示唆し、「傑出した、ユニークな選択」だったとディラン氏に対する祝意を表明。「心に残る彼の音楽と歌詞は常に、最も深い意味で『文学的』に感じられた」とツイートした。

引用:ボブ・ディラン氏にノーベル賞、文学界で賛否噴出 – AFPBB News(10月14日付)

今年のノーベル文学賞に決まった米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏の公式サイトから「ノーベル文学賞受賞者」の表記が21日までに削除された

13日の授与発表後、ディラン氏はコメントを発しておらず、授与を受け入れるのか辞退するのかに注目が集まっているが、削除の意図は不明

公式サイトはディラン氏のコンサート日程や作品の一覧などを掲載している。「受賞者」の表記は、その中の書籍紹介コーナーの一部にあった。

引用:ディラン氏公式サイト、「ノーベル賞受賞」削除 – 共同通信 47NEWS

選考メンバーがボブ・ディラン氏を批判

以前海外で、巨額の賞金を宝くじで当てた人が、受け取りを辞退したという話があった。現状が十分に幸せなので、大金を手にすることで、家族とのバランスを狂わせたくないとのことだった。その人は全額をチャリティーに寄付した。

お金が必ずしも人を幸せにする訳ではない。必要以上の大金が人の人生を狂わせることは十分にあり得ることだ。賞金の受け取りを辞退する人がいてもおかしくはない。とはいえ、辞退するならば、買わない方が賢明だ。今後、辞退したことを自らが後悔したり、家族から責められることがないとも限らないからだ。

同様に、ノーベル賞が100%今後の人生にプラスに働くとは限らない。ノーベル賞を受け取ることで、自分や周りが変わってしまうことは十分に考えられることだ。現在の自分の状態が十分に幸せで、大きな変化を望まない人がいてもおかしくはない。応募者に与える賞ではないのだから、どんなに名誉な賞でも押し付けていいとは限らない

今年のノーベル文学賞に選ばれた米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏が沈黙を続けていることに対し、選考主体のスウェーデン・アカデミーのメンバーが21日、スウェーデン公共放送SVTのインタビューで「無礼かつ傲慢だ」と強く批判した。

作家らでつくる同アカデミー(定数18)の一員のペール・ウェストベリ氏で、「この事態は予測しなかった」と困惑気味に語った。

アカデミーは13日の授賞発表後、ディラン氏に再三連絡を試みてきたが、接触できないまま既に1週間が経過。12月の授賞式に来るのかどうかも不明で、権威を傷つけられたいら立ちが噴出した形だ。

引用:ディラン氏は「無礼で傲慢」文学賞選考メンバーが批判

Next: 権威なんてクソくらえ。権威に挑戦し富の分配に預かる相場の魅力とは

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー