COMSAが起こす巨大ICOバブル!株から逃げた投資家は暗号通貨で攻めに転じる

テックビューロが今年10月2日をめどに実施する日本初のICO(Initial Coin Offering = 新規通貨公開)は、ブロックチェーンと暗号通貨の世界に吹き荒れる第2の熱波になりそうです。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年8月10日第218号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

「株を買っているのは日銀と年金だけ」個人投資家の資金シフトも

ブレーク寸前!COMSA(コムサ)のICOによる資金調達

ビットコイン(BTC)は、8月1日のハードフォークを境に再び上昇に転じ、一時期、円建てで最高値の38万円を超えてきました。

イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ネム(NEM/XEM)、ライトコイン(LTC)などの主流アルトコイン(alternative coin = BTC代替コイン)も、これに同期するように同じような放物線を描いて上昇。ここにきて、利益確定の売りが優勢となって、ややクールダウン気味といったところ。

これは、8月22日あたりに予定されているビットコインのセグウィット(segwit: トランザクションのサイズを圧縮して小さくする)のアクティブ化と、11月に予定されている2Mハードフォークを見据えた一時的な動きと捉えることができます。

しかし、ブロックチェーンと仮想通貨(以下、正式名称として「暗号通貨」を使用)の世界には第2の熱波が吹き荒れようとしています。

【関連】衰退国家の日本で最後に生き残るのは「一握りの投資家」だけと知れ=鈴木傾城

ひとつは、日本の暗号通貨取引所の運営を含む「Zaif(暗号通貨関連サービスの総合ブランド名)」の母体であるテックビューロ株式会社が、今年の10月2日をめどに実施する日本で初のICO(Initial Coin Offering = 新規通貨公開)

ICOとは、上場前の企業やプロジェクトが暗号通貨を使って実施する資金調達法のこと。東証などの株式市場に上場する前の新興企業が行うIPO(Initial Public Offering = 新規株式公開)とよく比較されます。

テックビューロが実施するのは、「COMSA(コムサ)」というプラットフォームを立ち上げ、企業が独自に発行する暗号通貨をネットを通じて個人などの不特定多数に販売できる環境を整えることで、同社は、企業がICOの実施に当たって必要となるホワイトペーパーの作成なども支援することになっています。(日経新聞:8月3日付)

新聞発表と同時に、「COMSA(コムサ)」の公式サイトが公表され、現在は10月2日から開始される「COMSA」のトークンセールまでのカウントダウンが表示されています。

COMSAトークンの購入を希望する事前登録者の数は、日経新聞で発表された8月3日の初日で1万人に達し、8月10日現在、3万2000人を突破しました。一部の経済新聞やネットで広がっただけにしては、大きな盛り上がりが予想されています。

今後、COMSAトークンは「CMS」で表され、単位は「COMSA」となります。

COMSAのホワイトペーパーによれば、COMSAを提供するテックビューロは、10月2日からのCOMSAトークンの発行によって資金調達を行い、その資金は、COMSAのICOトークンセール基盤のプラットフォーム開発や整備に振り向けられる以外に、主に、さまざまなトークンの開発に割り当てられることになっています。

COMSAのプラットフォームを使ったICOとしては、早くも、家庭用飲料水宅配サービスを展開するプレミアムウォーターホールディングス<2588>やクラウド・ファウンディング大手のCAMPFIREが名乗りを上げるとともに、タイムラインまでも掲げています。

特に、11月中旬にICOを実施することになっているプレミアムウォーターホールディングスの株価は、これを好感して8月3~4日の連日、ストップ高を演じて新高値をつけました。

その後、7日、8日と利益確定の売りが殺到して値を下げたものの、投資家たちは、暗号通貨による資金調達が株式市場に与えるインパクトを決して無視できないことを知ったでしょう。

Next: 株式市場と日本円から逃げ出した資金は暗号通貨市場に向かう

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー