私が「安倍総理との会食」で感じたこと。財務省主権国家日本への不安=三橋貴明

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年12月15日号より
※本記事のタイトル・リード・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】「移民国家・日本」への道~自称愛国者たちはなぜ怒らないのか?=三橋貴明

【関連】【高城剛×三宅洋平】2040年代に世界は激変し日本が世界を牽引する?

タダ飯くらいで懐柔などされぬ。私が安倍総理に真剣に伝えたこと

安倍総理との会食「3つの要点」

さて、ご存知の方が多いでしょうが、総理と会食し、小学館『財務省が日本を滅ぼす』を進呈。本書の内容について、多いに議論をさせて頂きました。

まずは、2010年の参議院選挙の際に、応援演説をして頂いたことについてお礼申し上げ(今まで機会がなかったので)、その上で和やかに「シビアな話」をさせて頂きました。

内容について、全て書く気はありませんが、重要なポイントだけ申し上げると、

  1. 「財務省が日本を滅ぼす」を書いた三橋との会食を持ちかけたのは両端の方々ですが、「クローズではなく、オープンで」と決めたのは官邸であること(オープンなので、総理動静にも載りました)
  2. 何をやるにしても、全てPB(プライマリーバランス)黒字化目標が「壁」となり、何もできない。という現実を、総理は認識していること
  3. だからと言って、「総理はPB黒字化目標が問題であることは分かっているんだ。ああ、ならば大丈夫だ」などと思ってはいけないこと

の3つになります。

日本の「緊縮路線」は変わらない

特に重要なのは(3)で、総理が真実、PB黒字化目標が問題であることを理解していたとしても、だからと言って現行の緊縮路線が転換されるわけではありません

財務省主権国家「日本」をなめてはいけません。現在の日本を財政拡大に転換させるのは、たとえわたくしが総理大臣の座にいたとしても無理です。

なぜならば、「政治家」「世論」「空気」が緊縮歓迎になってしまっているためです。そのように、財務省のプロパガンダが展開され、多いに成功を収めているのです。

この空気を変えるためには、やはり「言論」を動かさなければなりません。特に、緊縮路線を進み続ける安倍政権を、「正論」に基づき批判しなければならないのです。

といいますか、安倍総理の支持者の方々こそ(わたくしは違います)、むしろ積極的に安倍政権の緊縮路線を攻撃する必要があるのです。

何しろ、政治は「結果」が全てです。そして、安倍政権の「結果」は、緊縮路線なのです。「安倍総理は、財政拡大が必要だと分かっている!!」などと、総理を褒め讃えたところで、結果的に緊縮路線が継続するならば、我が国は「亡国」です。

Next: 政治は結果が全て。安倍政権の結果は「大増税」だ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー