ビットコインの価格を操っているのは誰なのか? 汚れたマネーが引き起こす第二の暴落

ビットコイン価格はごく少数のマイナーと大口投資家に操作されています。市場に出回る量が極端に少ない理由とともに、その仕組みと次の暴落危機について解説します。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2018年2月10日第243号パート2の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。2月8日に配信されたパート1、2月12日に配信されたパート3もすぐ読めます。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)
※本記事は、メルマガ第243号『株式、FX、暗号通貨は、すでにボット(bot)と人工知能(AI)に支配されている』の抜粋となり、文章としての脈略は失われています。
※本記事はビットコインの購入を推奨するものではありません。この記事を投資の参考になさらないようしてください。

ごく少数が支配するビットコイン相場。個人投資家に活路はあるか

ビットコインは株価暴落時の避難先になりうるか?

世界同時の経済崩壊の兆候は明らかです。本格的な“ナイアガラ”はいつ始まるのか、については近いうちに当メルマガで詳述するとして、今回は第3の市場「仮想通貨(暗号通貨)市場」の動向を見ていきます。

仮想通貨市場は、2月5日と8日両日の株式市場の暴落にもかかわらず、60万円台の目先の底値から一気に90万円台を回復。株式市場と逆相関の関係があることを確認できました。

しかし、ビットコインの次の上値抵抗線である102万円から107万円のゾーンを上抜けすることができず、やはり、株式市場の後押しが必要なことも確認できたのです。

つまり、逆相関は100万円を超えたあたりまでの話で、それ以上の上昇は、株式市場のネガティブな要因が遠ざけられないことには期待薄のように見えます。

やはり、ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号通貨)もまた、NYダウや日経平均の暴落局面においては、富の保存機能を果たさないことが確定したと言っていいでしょう。

ビットコインの価値は、多くの専門家も忠告しているように、理論的にゼロです。狂信的なビットコイン信者たちの言うことなど、くれぐれも鵜呑みにしないように。

12月6日に付けた240万円の最高値から、2ヵ月も経たないうちに、その価値が4分の3近くまで簡単に失われてしまうビットコインが、彼らが苦し紛れに唱えてきた「デジタル・ゴールド」であるはずがないのです。

頻繁に起こる「フラッシュ・クラッシュ」

さて、全市場大暴落のトリガーとなる「フラッシュ・クラッシュ」は、いったい誰が、どのよう引き起こすのでしょう。

米国商品先物取引委員会(CFTC)は、去年の10月、仮想通貨によるフラッシュ・クラッシュについて、大手暗号通貨取引所であるコインベース(Coinbase)に情報を求めました。

CFTCが関心を持っているのは、コインベースが運営しているジーダックス(GDAX)という仮想通貨取引所の過去のトレードです。

このジーダックスで、「フラッシュ・クラッシュ」を仕掛けて仮想通貨の価格を人為的に乱高下させていた疑惑が浮上したからです。いわゆる、価格操作が行われていた疑惑です。

この時、規制当局は、さらなる証拠をつかむまで疑惑のまま様子見を決めたようです。

しかし、12月20日、コインベースがビットコイン・キャッシュ(BCH)を上場したときも、「フラッシュ・クラッシュ」が起こったため、インサイダー取引がなかったか、コインベース側が自主的に調査を行うと発表しました。

実は、ここに、米・規制当局の基本的な考え方を見ることができるのです。

規制当局は、「事件化するまでは、あえて当局の介入を差し控える代わりに、各仮想通貨取引所は、率先して原因の究明と是正措置を講じるように」促すにとどめているように見えるのです。

コインベースにかけられた疑惑は、仮想通貨取引所自体が、ビットコインなどの仮想通貨の価格操作に関わった疑いのあるテザー・リミテッドとビットフィネックスの場合と違って、コインベースに口座を持っているトレーダーが、「フラッシュ・クラッシュ」を仕掛けたのではないか、という疑惑です。

Next: なぜ市場に出回るビットコインの量は極端に少ないのか?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい