fbpx

欧州為替:ドル・円は上げ渋り、米金利の低下で

マネーボイス 必読の記事




欧州市場でドル・円は上げ渋り、130円49銭から130円08銭まで値を下げた。米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、本日安値圏に弱含んだ。ドルは戻り待ちの売りで、上値が重い。一方、欧米株価指数の弱含みで、全般的に円買いが主要通貨を下押しする。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円08銭から130円49銭、ユーロ・円は141円43銭から142円02銭、ユーロ・ドルは1.0867ドルから1.0890ドル。ドル・円は失速、米金利安で130円割れ

欧州市場でドル・円は失速し、129円80銭台に値を下げた。米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、130円を割り込んだ。戻り待ちの売りも下押し要因。一方、クロス円はドル・円に連れ安しているほか、欧米株株価指数の軟調地合いで円買いが強まった。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は129円80銭から130円49銭、ユーロ・円は141円20銭から142円02銭、ユーロ・ドルは1.0865ドルから1.0890ドル。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー