fbpx

日銀現状維持を受け一時1ドル103円台、日経平均-485円大幅安(6/16)

本日の日経平均株価は-485円の大幅安。日銀の政策決定(現状維持)を受けて円相場が103円台に突入し、2014年8月以来1年10カ月ぶりの円高水準をつけました。(『ハロー!株式』)

米FRB金利据え置き、日銀現状維持を受け1年10カ月ぶり円高水準

今日の相場

◎日経平均:15434.14(-485.44)-3.05%
◎TOPIX:1241.56(-35.55)-2.78%
◎売買高概算:22億0924万株
◎売買代金概算:2兆1355億円
◎時価総額:461兆8087億円
◎値上り銘柄数:57   ◎(年初来)新高値:7
◎値下り銘柄数:1883   ◎(年初来)新安値:459
◎変わらず:18
◎騰落レシオ(25日):81.14%(前日比6.66%低下)
◎サイコロ(日経平均):4勝8敗 ●●○●○○●●●●○● 33.3%
◎カイリ率(日経平均):25日線比 -6.83% 75日線比 -7.19%
◎為替
対ドル:103.68(前日比2.56円高)
対ユーロ:117.00(前日比2.19円高)

◎出来高上位
1.みずほ<8411> 155.6円(-1.7円)15895万株
2.東芝<6502> 281.6円(-11.3円)7458万株
3.三菱UFJ<8306> 485.7円(-6.4円)7286万株
4.神戸製鋼<5406> 85円(-2円)6478万株
5.IHI<7013> 259円(-19円)4549万株

◎売買代金上位
1.日経レバE<1570> 9560円(-660円)2255億円
2.トヨタ自<7203> 5281円(-182円)665億円
3.そーせい<4565> 15440円(-1760円)640億円
4.ソフトBK<9984> 5591円(-81円)400億円
5.ソニー<6758>2879.5円(-95.5円)366億円

【関連】ついに白旗。舛添要一「東京都知事居座り作戦」の小失敗=ショー

相場概況

外国証券の寄付前の注文状況…売1870万株 買い1770万株

本日の東京マーケットは日経平均株価が大幅安、485円(3.05%)安の1万5434円で取引終了です。2月12日に付けた年初来安値1万4865円まで569円に迫っています。

新興市場のマザーズ指数は7.1%の大幅安です。昨晩のNYダウが34ドル安となり、米FRBが金利の据え置きを決定したことで円高・ドル安が進行。これを嫌気して朝方から売りが先行。

昼からは日銀が金融政策の現状維持を決定すると更に円高が進行し、1ドル=104円台となったことで輸出関連中心に売りが膨らみ、23日に英国のEU離脱を巡る国民投票を控えて買い手控え気分が強い中、引けにかけて下げ幅を拡大しています。

日経平均株価 5分足(SBI証券提供)

日経平均株価 5分足(SBI証券提供)

米ドル/円 5分足(SBI証券提供)

米ドル/円 5分足(SBI証券提供)

尚、引け後には103円台後半の円高に進んでいます。売買代金は2兆1355億円、上海総合指数は14ポイント(0.5%)安の2872です。

東証が発表した6月第2週(6~10日)の投資家別株式売買動向(詳細は2ページ)では、外国人は3週ぶりに買い越しで買越額は2235億円(前週は1461億円の売り越し)。年金基金の動向を反映する信託銀行は6週連続の買い越しで買越額は1488億円。個人は2週連続の買い越しで買越額は295億円です。

業種別では、33業種全て下落。特に、不動産、非鉄、電機、機械、自動車、精密、医薬品、証券などは3%を超す下げとなっています。

個別銘柄では、相場全般安の中にあって、森下仁丹が40円高の555円と7%を超える大幅高。アンジェスMGが保有する子宮頸部の前がん病変を治療するワクチンの開発や製造・販売する権利を仁丹に認めることで基本合意したと発表。

経口投与で子宮頚部の前がん病変を退縮・消失させ、子宮頚がんへの移行を回避できる世界初の治療ワクチンとして期待されているだけに好感した買いが膨らんでいます。

そのアンジェスMGはストップ高で80円高の542円。森下仁丹から一時金を受け取り、ワクチンの商品化が成功した際にロイヤルティーを受け取るだけに収益拡大を期待した買いが集まっています。

富士通の上場子会社の富士通コンポーネントがストップ高、80円高の381円となっています。車載用タッチパネルに求められる高耐環境性に対応した静電容量方式タッチパネルを開発したと発表。主流の抵抗膜方式タッチパネルから静電容量方式タッチパネルへの移行が進んでいることから業績拡大を期待した買いが入っています。

生化学工業が86円高の1596円と値を飛ばしています。腰椎椎間板ヘルニア治療剤の海外でのライセンスについて、スイスのバイオ医薬品企業と基本合意したと発表。併せて自社株買いも実施するとしており、好感した買いが入っています。

その他、製薬中堅のゼリア新薬が38円高の1465円、JAL系商社のJALUXが26円高の1669円、アロンアルフアの東亜合成が13円高の1001円、介護・医療業界に特化した人材紹介のエス・エム・エスが155円高の2285円と値を上げています。

本日の新高値銘柄は、サイボウズ、サンドラッグ、日立国際電気、森下仁丹…等々です。

Next: 日銀金融政策決定会合の結果(詳細)

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい