fbpx

ついに現役復帰。ジョージ・ソロス氏が確信する中国経済崩壊のシナリオ=東条雅彦

中国の企業債務残高の積み上がり方は「異常なペース」

中国は他の国を圧倒するスピードで企業債務残高を積み上げています。しかし、債務残高がいくら多くなっていても、経済全体のGDPが伸びていれば、問題はありません。対GDPの比率という点からチェックしていきましょう。

三井住友アセットマネジメントがまとめた資料によると、中国の企業債務残高は2008年から一直線に伸びています。さらに、対GDP比でも他国を圧倒する勢いで伸びています。

出典:世界の企業債務残高/企業債務残高の対GDP比 - 三井住友アセットマネジメント

出典:世界の企業債務残高/企業債務残高の対GDP比 – 三井住友アセットマネジメント

具体的な数値データを拾うと、下記の通りです。

<中国 名目GDP(概算)>

2008年 4.0兆ドル
2009年 5.0兆ドル
2010年 6.0兆ドル
2011年 7.4兆ドル
2012年 8.4兆ドル
2013年 9.5兆ドル
2014年 10兆ドル ←ここから伸びなくなった!
2015年 10兆ドル
2016年 11兆ドル ←IMF推計

<中国 企業債務残高(概算)>

2008年 4兆ドル
2009年 5兆ドル
2010年 6兆ドル
2011年 8兆ドル
2012年 10兆ドル
2013年 13兆ドル
2014年 15兆ドル
2015年 16兆ドル

<中国 企業債務残高の対GDP比(概算)>

2008年 100%
2009年 100%
2010年 100%
2011年 125%
2012年 125%
2013年 145%
2014年 150%
2015年 160%

2010年頃までは中国のGDPと企業債務残高はほぼ一致していました。ところが、中国経済は2014年頃から伸びなくなったのです。

一方、企業の債務残高はどんどん増加しています。2016年の名目GDPも、それほど伸びない見込みです(IMF推計)。

経済全体の規模であるGDPが伸びていないのに、企業の借金だけが増えていっている!これは明らかに良くない傾向です。

借金には利子がつき、その利子すらも払えなくなると、借金は複利で増えていきます。2014年頃から中国はその状況に陥っています。

Next: 平成バブル崩壊前後の日本と酷似している今の中国

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー