fbpx

「銀価格はこれから強烈に上がる」CMEグループトップの預言は成就するか?

プロたちはどんな取引をしているか?

CMEグループのJeffrey Christian氏が銀価格の上昇を預言しましたが、プロたちはいったいどんな取引をしているのか。2017年3月10日までの動きを見てみましょう。

早速ですが、自作のグラフをご覧ください。

まずは、主要ブリオンバンクの自己勘定取引における銀の現物地金の引取トン数です。

(ア)2015年通年のグラフ

(ア)2015年通年のグラフ、通年で2631トンでした。

(イ)2016年通年のグラフ

(イ)2016年通年のグラフ、通年で2546トンでした。
圧倒的にJPMが多いのがわかります。2位が Nova Scotiaです。

(ウ)2017年1月から3月10日までのグラフ

(ウ)2017年1月から3月10日までのグラフです。

第1四半期(1月から3月)の小計を考えると、前年よりも既に3月10日時点で多いのがわかります。さらに一昨年よりも今後は増えると予測できます。

次に、全市場参加者の「銀の現物地金」引き取りトン数の動きです。

(エ)2015年通年のグラフ

(エ)2015年通年のグラフ、通年で1575トン(全体の60%)でした。

(オ)2016年通年のグラフ

(オ)2016年通年のグラフ、通年で1467トン(全体の58%)でした。

(カ)2017年1月から3月10日までのグラフ

(カ)2017年1月から3月10日までのグラフです。

同じように第1四半期(1月から3月)の小計を考えると、前年よりも既に3月10日時点で多いのがわかります。こちらのデータでも、さらに一昨年よりも今後は増えると予測できます。

これを見ると、市場参加者が何を考えているのかがわかるような気がするのですが…。

NY金先物 週足(SBI証券提供)

NY金先物 週足(SBI証券提供)

銀への投資を推奨しているわけではありません。私は好まないし、一切、銀には見向きもしません。この預言について考えていただきたいのは、副次的な銀がこのように動くのであれば、他の貴金属も動く可能性が高いからです。
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2017年3月9日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】黒田日銀の「永久緩和」が引き起こす日本財政破綻、衝撃のデータ=東条雅彦

【関連】米利上げ決定でなぜ円高に? アメリカ株高はいつまで続くのか=今市太郎

【関連】まだトランプで消耗してるの? いま欧州経済・ユーロ相場がアツい=藤ノ井俊樹

いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2017年3月21日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー