fbpx

【試験にでる忖度】官邸御用記者・山口敬之の「レイプ揉み消し」はココがポイント=ちだい

知人との会食で政権批判の釜山総領事を更迭

官僚になったら、たとえ知人との会食で異を唱えたとしても、安倍晋三閣下の耳に入った時にはクビになる「恐怖政治」です。

先日、外務省で釜山総領事として働いていた森本康敬さんが、従軍慰安婦像に抗議をする形で一時帰国させられたことに対し、知人と会食した際に「おかしいのではないか」と発言していたことが安倍晋三閣下の耳に入り、更迭されていたことが明らかになったのです。

そうです。これまで努力に努力を重ねて現場で働いてきた官僚が、知人との会食で安倍政権を批判しただけでクビになっちゃう。重要なのは、安倍晋三閣下に直接物を申してクビになったのではなく、知人との会食でこぼした愚痴さえリークされ、クビになる。

官僚として働く人にだって家族があるので、いきなりクビになったら、たまったものではないです。ですが、そんなのは知ったこっちゃないと、とにかく逆らう者はクビにしていくのです。

少しでも安倍晋三のやることに異を唱えたら、それが食事の席であってもクビになっちゃう。安倍晋三閣下のために忖度しない官僚はクビ中村格部長のように忖度に忖度を重ね、レイプ事件さえ握りつぶすようなゴミ野郎はどんどん出世するシステムなのです。

今の日本は、中国さえ凌駕する独裁状態です。このまま共謀罪が可決し、安倍晋三閣下にさらなる権力を持たせたら、民主主義などあっという間に無くなってしまうでしょう。

おそらく自民党の中にも自由に発言できる空気なんてないのでしょう。終わってます。
続きはご購読ください。初月無料です<残約4150文字>

読者購読すると今すぐ読める!有料メルマガ(2017年6月2日号) 目次

◆ご挨拶/本日のトピックス
[最新情報1]古賀茂明さん報ステ更迭の裏側
[最新情報2]失言の大西英男が推薦文を捏造
[最新情報3]政権批判の釜山総領事を更迭
[最新情報4]派遣エンジニア不足で外国人採用
[最新情報5]アメリカがパリ協定を離脱か
[最新情報6]萩生田光一官房副長官は現役加計学園
[最新情報7]アパホテルが五輪中もネトウヨ本を置く
[最新情報8]出生率が低下し、赤ちゃんは97万人
[最新情報9]小泉進次郎が憲法9条改変に賛成
◆編集後記/次回予告/原発川柳


※本記事は、『原発ニュース最新情報』2017年6月2日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】森友、加計に続く「第3の忖度」国際医療福祉大学疑惑に焦る安倍官邸=山岡俊介

【関連】日本国民はなぜ官邸と読売の「前川いじめ」を見て見ぬふりするのか?=引地達也

【関連】安倍政権を共謀罪成立に駆り立てる「警察への借り」と「岸信介の亡霊」

1 2

原発ニュース最新情報』(2017年6月2日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

原発ニュース最新情報

[月額540円(税込) 毎週火・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
福島第一原発事故、原発再稼働、放射線防護など、「真実は一体何か?」を追及し、「原子力」や「放射能」に関する最新ニュースを、大手マスメディアの情報のみならず、独自取材を加え、まとめていくメールマガジンです。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー