fbpx

「貧乏暮らしの20代」が貧困から脱出するために今やるべきこと=午堂登紀雄

転職で収入アップを目指すのはアリ。でも…

もちろん、転職などで収入アップを目指すのもひとつの選択肢です。転職を考える際は、学生時代のように人気があるとか注目を集めている企業、あるいは給与の高い会社を目指すのではなく、自分が成長する機会があるかどうかで選ぶことです。

自分はどういう人材を目指していて、そのためにはどういう経験が必要か、そしてそのためには、どういう仕事が適しているのか。

収入なんてあとからいくらでも挽回できるし、その時間も残されているわけですから、まずは自分を鍛えてくれる環境に身を置くことです。
続きはご購読ください。初月無料です<残約6250文字>

30代で「貧乏」と感じていたらどうやって脱出する?

30代は結婚・出産など、生活の変化やイベントなどの出費が多い時期。そのため、ある程度の蓄えが必要だと感じている人も多いと思います。

まずは、自分が「当たり前」と感じていることを疑ってみることです――
この記事は有料メルマガ会員限定です。続きはご購読ください。初月無料です

60代で「貧乏」と感じていたらどうやって脱出する?

定年退職を数年先に控えて収入が減る一方、さらには親の介護などにもお金がかかる時期で、このタイミングで貧乏という人は、どうすればよいか。

まず年金事務所に問い合わせて、自分がもらえる年金額を照会してみましょう。まずはそれで、自分の生活設計を再構築することです。それで何とか生活できるなら、貧乏だなどと嘆く必要はなくなるでしょう。

もし足りないなら――
この記事は有料メルマガ会員限定です。続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』2017年6月5日号を一部抜粋したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した項目もすぐ読めます。

【関連】「苦学生」ジョージ・ソロスは、いかにして投機の天才になったのか?=山田健彦

【関連】日本のサラリーマンが知るべき「持ち家貧乏」と不動産投資の甘い罠=俣野成敏

【関連】家を買うならあと5年待て?「2022年」に得をする人、損をする人=午堂登紀雄

【関連】マレーシア第2の都市・ジョホールバルが「廃墟化」するこれだけの理由=午堂登紀雄

1 2

午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』(2017年6月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門

[月額993円(税込) 毎月第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日]
フリー・キャピタリストとは、時代を洞察し、自分の労働力や居住地に依存しないマルチな収入源を作り、国家や企業のリスクからフリーとなった人です。どんな状況でも自分と家族を守れる、頭の使い方・考え方・具体的方法論を紹介。金融・経済情勢の読み方、恐慌・財政破綻からの回避方法。マネタイズ手段としての資産運用、パソコン1台で稼げるネットビジネス、コンテンツを生み出し稼ぐ方法。将来需要が高まるビジネススキルとその高め方。思考回路を変えるのに役立つ書籍や海外情勢など、激動の時代に必要な情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい