fbpx

「お金がない」が口癖の人ほどダマされる!新しい詐欺の手口とは?=川畑明美

フリーターを狙った詐欺が横行しています。海外投資に勧誘され、「投資したいけど、お金がない」と言ってしまったところから、犯罪に巻き込まれます。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

あれよあれよと被害者に、更には加害者にも?若者狙う卑劣な手口

「お金がない」と安易に言ってはダメ!

怖い記事を発見しました。住宅ローンやマイカーローンのない「フリーター」が狙われる詐欺の手口です。記事の中には、不動産会社で事務をしていた女性の記述があるので、自分には関係がないと思わずに、犯罪に巻き込まれないよう注意してくださいね。

詐欺の最初の手口は、「海外事業への投資」の勧誘です。セミナーを開催して人を集め、海外投資で大きなリターンを生むと説明します。参加者は、「投資したいんだけど、お金がないんです」と言ってしまったところから、犯罪に巻き込まれるのです。投資を断る時は、安易に「お金がない」と言ってはダメです!

その犯罪とは、給与明細などを偽造してフリーターを架空の会社員に仕立て、銀行のカードローンで1000万円ほど借りるというものです。借りたお金は、投資の原資としてだまし取られます

「オレオレ詐欺」集団の新たなシノギ

ここで怖いのは、自分も銀行のカードローンを不正を行って引き出しているので、加害者になっているということ。既に加害者なので、被害届も受理されないのです。

被害届が受理されれば、お金が戻ってこなくても税金面での優遇もあるのですが、それもできない状態になってしまいます。

こうした犯罪グループは、かつてオレオレ詐欺をしていた暴力団関係のようですね。

彼らは「かつて闇金をシノギにしていた暴力団」をケツ持ちにした「オレオレ詐欺+マルチ商法」を行っていた30代を中心としたグループである。<中略>

このグループは約10人の中核メンバーで1年半活動し、7億円近くを集めていた。

出典:フリーターから1000万円取る銀行カードローン詐欺の手口 – マネーポスト(2017年6月8日)

お金は、正しい知識で、正しい行動をしていればちゃんと手に入ります。海外事業へ投資しなくても、十分にお金は増やせます。

【関連】外貨建て保険に「入っていい人」などいない!情弱専用商品の現実=川畑明美

【関連】元銀行支店長は見た!「1億円貯めても不幸な人」の気の毒すぎる悩み=川畑明美

【関連】貧乏な家の子どもがお金持ちになれない本当の理由と「思考格差」の正体=午堂登紀雄

教育貧困にならないために』(2017年8月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい