fbpx

北朝鮮の核を世界が容認? 「情報操作」の裏でいま何が起こっているのか=斎藤満

北朝鮮が韓国の誘いに乗った理由

ここで考えるべきは次の2点です。1つは、北がなぜ韓国の誘いに乗ったのかその背後に何があったのかです。北は米国が主張する核の放棄は受け入れられません。これに対して、韓国ならびに中露が、北の核保有を前提とした問題解決を志向し、北がそれなら乗れると判断した可能性があります。ある意味では、韓国は日米と離反してでも中露と共同歩調をとる可能性があります。

したがって今回の韓国のオファーでは、北の核保有は容認の姿勢と見ます。そのうえで、中露が主張する「相互凍結」に向けて合意を得ようとしている可能性があります。相互凍結とは、まず米韓合同軍事演習を凍結すること、これを前提に北朝鮮が核実験・核開発を凍結する、というものです。米国は軍事演習を冬季五輪後に先送りしましたが、中露、そして北朝鮮は永久に凍結してもらいたいはずです。

ここまで北朝鮮はミサイル発射、核実験を見合わせ、米韓は軍事演習を延期しましたが、これが中露の求める「凍結」まで行けるか、まだ不透明な面が多々あります。これまで北の核ミサイル実験はネオコンの影響下で行われてきた面がありますが、すでに完成の域に達しつつあるところで、北がネオコンと距離を置く可能性があります。このままでは米軍の介入リスクが高まると見た可能性があります。

日米と距離を置きたい韓国

それと韓国の対米、対日関係は悪化する可能性がありますが、韓国のムン・ジェイン大統領はあえて日米と距離を置き、中露に接近している節があります。トランプ大統領とムン・ジェイン大統領の関係は冷え込み、日本に対しては慰安婦問題での日韓合意をひっくり返しました。米国がTHAADを韓国に配備することに中国が強く反発し、韓国に冷たい仕打ちをしたことで、韓国企業や経済が大きな打撃を受けました。韓国は中国、ロシアに良い顔をし、接近する一方、日米離れは明確になっています。

中露と韓国グループは、朝鮮半島から米国の支配力を排除し、彼ら自身による統治を回復したいと考えています。米国もトランプ大統領は在韓米軍を引き揚げ、余計な軍事コストをかけたくない意向のようですが、ネオコン勢がアジアでの覇権を中国に奪われ、米国の影響力がここで低下することには抵抗しています。

Next: 半島を揺るがすトランプ大統領とネオコンの対立構造

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー