fbpx

貴乃花親方「惨敗」の裏側。投票を記名式に変更して、裏切り者あぶり出しか=近藤駿介

評議員会は正常に機能するのか?

今回の理事選で貴乃花親方が僅か2票しか得られずに惨敗したことは、皮肉にも現状の相撲協会が貴乃花親方の指摘する通り「社会的な責任を果たすよりも協会内の事情や理屈が優先され、公益性から逸脱している」現実を表す結果となった。

貴乃花親方が惨敗したのは、貴乃花親方の支持が広がらなかったからではなく、日本相撲協会が協会内の事情や理屈によってそれを阻まれたからということになる。

今後の焦点は、日本相撲協会の「協会内の事情や理屈が優先され」た結果選ばれた理事候補を評議員会がすんなりと認めるかとなる。

1月4日の貴乃花親方の降格を決めた評議員会後の記者会見で、池坊委員長は2月の理事候補選挙で貴乃花親方が当選した場合の対応として「評議員会は、理事会とは別個に相撲協会の管理運営などに対して正しく行われるようにする機関。その時、評議員みんなが知恵を出し合いながら進めていきたい」と発言している。

今回の理事選では、部屋での過去の暴行事件を相撲協会に報告しなかった春日野親方や、不祥事が相次ぎその管理能力に疑問が付けられている八角親方などが理事候補に選ばれた。こうした候補者が相撲協会の理事として相応しいのかについて「評議員みんなが知恵を出す」ような運営をするのか、それとも貴乃花親方でないという理由で何の議論もなく候補者を理事として認めるのかは注目されるところ。

また、「理事会とは別個に相撲協会の管理運営などに対して正しく行われるようにする機関」である評議員会が、理事候補選の投票方法が「無記名投票」から「記名投票」に変更になった理由その決定プロセス、さらには、理事選で落選した候補が降格になるという物言えぬ雰囲気を作り出す相撲協会の慣行などについてどのような見解を出すのかも注目されるところ。

「わずか2票」が改革への第一歩となるか

評議員会の対応の仕方によっては、貴乃花親方の「相撲協会の現状を見てみると、社会的な責任を果たすよりも協会内の事情や理屈が優先され、公益性から逸脱している」という指摘が説得力を増し、世の中の理解を得ることになる可能性は否定できない。

その時には、投票方法の変更やその決定プロセスに一切言及しようとしない多くのメディアや専門家達も「協会内の事情や理屈を優先し、公益性から逸脱した相撲協会のインサイダー」だという誹りを免れなくなるだろう。

今回の理事候補選挙で貴乃花親方が2票しか得られなかったことが惨敗したのか、それとも大きな勝利への第一歩となったのか。その真の結果が出て来るのはこれからである。

image by:Wikimedia Commons

有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※1月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

1月配信分
・金融市場を知り尽くしたトランプ政権と、信頼を失った日銀総裁(1/31)
・「トランプ減税に」に反応し始めた経済 ~ ハト派寄りになったFRBと取り残される日本(1/22)
・ロケットスタートを切った2018年 ~ 膾吹きに懲りて羹を飲む(1/15)
・2017年の延長線上で始まった2018年 ~ リスクは国内にあり(1/9)

12月配信分
・ビットコイン急騰を演出した「懐疑の中で育ったトランプ相場」(12/25)
・割高になり過ぎた都心不動産 ~ メザニンで不動産市況は救えない(12/23)
・税制改革に対する過度の期待とFRBが抱えるジレンマ(12/18)
・リスクに備えることを忘れたリスク(12/11)
・2018年は2017年の延長線上にある?(12/4)

11月配信分
・狭まる「長短金利差」と広がる「日米政策格差」(11/27)
・変化した海外投資家動向と、変化しないイールドカーブフラットニング化(11/20)
・トランプラリー1年 ~「期待」から「現実」へ(11/13)
・転換点を迎えた金融政策 ~「出口論」を強いられる異次元の金融緩和(11/9)
・パウエル新FRB議長決定 ~ 消えた不透明感と湧き出た不透明感(11/6)

【関連】忠実義務を果たした貴乃花親方と「隠蔽大国」の象徴としての日本相撲協会=近藤駿介

【関連】相撲協会がひた隠す「白鵬のウソ」と口裏合わせ。貴乃花はいま何を想う?=山岡俊介

【関連】FRBの最強通貨「Fedコイン」とビットコイン、NSA(米国家安全保障局)を結ぶ点と線

1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年2月4日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚

[月額4,070円(税込) 毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
時代と共に変化する金融・経済。そのスピードは年々増して来ており、過去の常識では太刀打ちできなくなって来ています。こうした時代を生き抜くためには、金融・経済がかつての理論通りに動くと決め付けるのではなく、固定概念にとらわれない思考の柔軟性が重要です。当メルマガは、20年以上資産運用、投融資業務を通して培った知識と経験に基づく「現場感覚」をお伝えすることで、新聞などのメディアからは得られない金融・経済の仕組や知識、変化に気付く感受性、論理的思考能力の重要性を認識して頂き、不確実性の時代を生き抜く一助になりたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー