fbpx

日本の農業をぶっ壊す種子法廃止、なぜほとんど話題にならない?=田中優

種子法廃止で苦しむか、別な社会を求めるか

今回の「種子法廃止」の目的は、ここまで調べると明白だろう。「種を制する者は農業を制する」のだ。その傍らで農薬被害の子どもたちの「要指導児童」の増加に苦しみ、多くなる疾病と安心できない食品に苦しみ、高くなる種は買えず生産者は農奴化することになるのだ。すると当然、効くかどうかに関わりなく製薬会社が儲かる。アメリカでは日本で「要指導児童」と呼ばれる子どもたちに薬を出し、大きな収入源としているのだ。

【関連】「公平な貿易」は誰を幸せにするか?日本が知らないフェアトレードの今と未来=田中優

一方にはインターネットと宅配の発達により、直接生産者と連携を図る方法があるかもしれない。世界的にはアグリビジネスの流れに対抗して、人々の「生態系を守る農業のあり方や社会のあり方を求める科学や運動」としてアグロエコロジー運動が広がってきている。「農」とは大企業のものなのか、それとも人々が生きるためのものなのか、それを問われる時代になった。

もう一度、生命の循環の輪の1つとして、誰もが関われる「農」に戻して考えてみたい。種は自然から与えられた生きるための糧だった。それを再度、人々の手に戻すべきではないか。


※有料メルマガ『田中優の‘持続する志’(有料・活動支援版)』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

・戦争と温暖化(3/30)
・地球温暖化で寒い冬に(3/15)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

3月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・中国地方の森と「たたら」の関係~「もののけ姫」の舞台の虚実~(2/28)
・スギに生まれたニホンジン(2/15)
・水問題というトリック(1/30)
・大感謝キャンペーン第2弾(1/19)
・何のための水道民営化なのか(1/16)
・大感謝キャンペーン第1弾(1/5)
・2018年の未来像(12/30)
・「大地の再生」を考える(12/15)
・懐かしい金沢への旅(11/30)
・エコロジカルフットプリント+時間軸(11/15)
・fragile(下)主な意味:壊れやすい、もろい、虚弱な、かよわい、はかない(10/30)
・fragile(上)主な意味:壊れやすい、もろい、虚弱な、かよわい、はかない(10/15)
・「大きい、小さい」を判断して新たな社会の仕組みを(下)(9/30)
・「大きい、小さい」を判断して新たな電気の仕組みを(上)(9/15)
・号外:感謝の気持ちを込めて購読者様へプレゼント♪第2弾(9/1)
・「セルフインフラ」が未来をポジティブに変える 後編(8/30)
・「セルフインフラ」が未来をポジティブに変える 前編(8/15)
・木を活かす(下)(7/30)
・木を活かす(中)(7/15)
・木を活かす(上):「無垢材」という言葉に騙されないで(6/30)
・銀行を信じてはいけない(6/15)
・「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(下)(5/30)
・「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(中)(5/15)

【関連】「売国」のモンサント法~日本の農業と国家を滅ぼす7つの問題点=三橋貴明

【関連】官僚だけが大儲け。日本を破壊する「水道民営化」のトリックに騙されるな=田中優

【関連】本当はボロボロの米国経済。景気悪化の「兆候」を示す3つのデータ

1 2 3 4 5 6 7

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年2月25日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

田中優の‘持続する志’(有料・活動支援版)

[月額550円(税込) 毎月15日・30日]
環境活動家、田中優(たなかゆう)の有料・活動支援版メルマガです。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などのさまざまなNGO活動に関わり、日本で初めてのNPOバンクを作りました。経験と知識と綿密なデータを基に、独自の視点で生み出した社会の新しい仕組みづくりのヒントや国内外を取材したお話をご紹介します。頂いた購読料の一部を、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい