fbpx

新興国の成長持続性を考える時は生産年齢人口に注目!フィリピンの市場を分析してみた

情報の少ない新興国株と言えば“ハイリスク・ハイリターン”というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。『バフェットの眼(無料版)』を配信する八木翼さんは、もちろんリスクはあると認識しながらも、新興国であるフィリピンについて生産年齢人口の視点から詳しい分析を寄せています。

新興国の市場を投資先として分析する【フィリピン編】

さてさて、これまで新興市場についてはメルマガで取り上げてきませんでした。というのも、新興市場って安定してないんですよね。

ドルが金利を引き上げたら資金流出だーって言って、株安になっちゃったりしますから。政治的な問題もありますし。。。

というわけで、あくまでリスクがあることを承知で今日はフィリピンの会社についても調べていきたいと思います。

毎日5分!経済英語NEWS!では、散々述べているんですが、生産年齢人口というのが経済が発展するかどうかの大きな要素となってきます。

で、生産年齢人口というのが、だいたい20歳~65歳の人口のことなのですが、これって、20年後はだいたい予測できてしまいます。20年後、20歳になる人は、すでに生まれていますので。

というわけで、こちらがその予測表です。

【生産年齢人口の比較:15~64歳】

1990年 2000年 2010年 2025年 2050年
日本 8585万人 8636万人 8157万人 7165万人 5179万人
米国 1.68億人 1.90億人 2.12億人 2.27億人 2.47億人
ドイツ 5477万人 5585万人 5430万人 4954万人 3870万人
中国 7.55億人 8.55億人 9.24億人 9.96億人 8.70億人
シンガポール 220万人 285万人 359万人 346万人 293万人
タイ 3704万人 4271万人 4825万人 4920万人 4582万人
インドネシア 1.07億人 1.33億人 1.56億人 1.83億人 1.84億人
インド 5.02億人 6.32億人 7.80億人 9.72億人 1.09億人
フィリピン 3500万人 4563万人 5826万人 7648万人 9683万人

今日はどんな会社なのかを調べたいと思います。
で、こちらが、2010年から2050年にかけての、伸び率を示した表です。

2010年 2050年 %
日本 8157 5179 -36.5
米国 2.12 2.47 16.5
ドイツ 5430 3870 -28.7
中国 9.24 8.7 -5.8
シンガポール 359 293 -18.4
タイ 4825 4582 -5.0
インドネシア 1.56 1.84 17.9
インド 7.8 10.09 29.4
フィリピン 5826 9683 66.2

フィリピンの恐ろしさをご覧いただけるでしょうか?
単純に倍以上に増加します。

Next: 人口増加のメリットを受ける会社とは?

1 2

無料メルマガ好評配信中

バフェットの眼(無料版)

[無料 週刊]
世界一の投資家、ウォーレンバフェットの投資方法を、そのままパクって日本の会社を分析するメルマガです。「株をやったけど全然うまくいかなった。」「デイトレードなんてやってる時間ないよ。。。」という方にぴったりのメルマガです。
会社の価値を見るので、基本的には、一度分析したら買いっぱなし。
筆者のこれまでの運用成績も見ることができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー