fbpx

国産初の小型ジェット旅客機「MR3」の開発がいよいよ大詰め。盛り上がりそうな関連企業を紹介

一見企業に関係ないニュースでも、「風吹けば桶屋が儲かる」なんて言葉があるように、必ずその出来事に関連した会社が注目を浴びるもの。ということで、ここでは毎回1つのニュースをピックアップ。それに関連する注目の上場企業を紹介します!

国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」。開発が大詰めを迎える

arrow_u

 「MRJ」関連企業に注目!

国産初の小型ジェット機「MRJ」の開発を進める三菱航空機。三菱重工<7011>の事業会社として2008年に設立された三菱航空機ですが、今ではトヨタや三菱商事、住友商事、三井物産などが出資しており、オールジャパン体制での航空機メーカーとして話題となりました。

「MRJ」は、当初、2014年に全日本空輸へ初号機の納入を目標としていましたが、開発が大幅に遅れていました。しかし、このたび開発が大詰めを迎えたということを受け、目標をリスケジュール。2017年4~6月に全日本空輸へ初納入予定となりました。

そこで今回は、「MRJ」関連企業に注目します。

まずは三菱なので、三菱企業は外せません。三菱電機<6503>三菱ケミカル HD<4188>三菱重工業<7011>三菱商事<8058>が上げられます。

次にMRJと取引する企業たち。航空機用ラジアルタイヤのブリヂストン<5108>。航空機の飛行姿勢を保つための装置、フライト・コントロール・アクチュエーターのナブテスコ<6268>。降着システムの住友精密<6355>。エンジンの大型ファンを覆うファンケースのIHI<7013>。航空機の化粧室や、食べ物の調理や準備をするための場所ギャレーなどを作っているジャムコ<7408>。これらの企業は、MRJが売れれば売れるほど評価を上げることでしょう。

そして、帝人<3401>東レ<3402>大同特鋼<5471>大阪チタ<5726>、邦チタ<5727>、日機装<6376>ミネベア<6479>KIHD<6747>航空電子<6807>新明和<7224>富士重<7270>島津製<7701>などといった航空機関連企業も見逃せません。

国産初の航空機ということで、否が応でも期待が高まります。納期は遅れていますが、不良などがないようにしてもらいたいですね。

無料メルマガ好評配信中

株のまぐまぐ!for Beginners

[無料 毎週日曜日]
ニュースでよく聞く注目ワードや人に聞くのはちょっと恥ずかしいビギナーならではの疑問をわかりやすく解説。これから株式投資を始めたいという人はぜひ読んでみてください。
ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー