fbpx

負担額は増加傾向。現役世代も今から知るべき新・介護保険制度=ファイナンシャルプランナー・新美昌也

8月1日より、介護保険の制度、費用が変わりました。「若い世代にはあまり関心がないかもしれませんが、親が要介護になった時の介護費用の負担が増えます。決して他人ごとではありません」というのはファイナンシャルプランナーの新美昌也さん。備えあれば憂いなし。これを機に介護保険制度、介護費用について確認してみましょう。

主な改正ポイントは4つ。自己負担は増える傾向に

一定以上の所得があると自己負担が1割から2割へ

本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の第1号被保険者の年金収入+その他の合計所得金額が単身世帯で280万円以上、2人以上世帯で346万円以上のある方がサービスを利用したときの自己負担は、1割から2割になります。

※負担の割合(1割または2割)が記載された「介護保険負担割合証」が市区町村から交付されます。ただし、利用者負担には、1か月の上限額(高額介護サービス費)がありますので、利用者負担が1割から2割になったからといって負担額が2倍になるわけではありません。

高額介護サービス費の一部の上限額が新しくなる

同じ月に利用した介護サービスの利用者負担の合計額(同じ世帯内に複数の利用者がいる場合は世帯合計額)が上限額を超えたときは、申請により超えた分が「高額介護サービス費」として後から支給されます。

平成27年8月から、その高額介護サービス費の利用者負担段階区分(所得などに応じた区分)に追加された次の区分が適用されます。「現役並み所得者(同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上の方がいて、収入が383万円以上、2人以上世帯で520万円以上)」この区分の方は、負担の上限が37,200円(月額)から44,400円(月額)に引き上げられます。

低所得の施設利用者の食費・居住費等の軽減の適用要件が変更に

施設サービスの食費と居住費等は、低所得の方に対しては利用者負担の上限額が設けられており、これを超えた分は「特定入所者介護サービス費」として、介護保険から施設などに支払われます(補足給付)。

平成27年8月からは、次の2つのうち、いずれかを満たす方は、食費と居住費等の軽減が受けられません。

  1. 市区町村民税非課税世帯でも、世帯分離(施設入所を含む)している配偶者が市区町村民税課税者である場合
  2. 市区町村民税非課税世帯(世帯分離している配偶者が市区町村民税非課税)でも、預貯金等が一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える場合

多床室の居住費が変わります

特別養護老人ホームの相部屋(多床室)に入所する方(ショートステイ利用者を含む)のうち、市区町村民税課税世帯の方等については、平成27年8月から新たに「室料相当」を負担することになります。

お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク』第408号より一部抜粋
※太字はマネーボイス編集部による

無料メルマガ好評配信中

お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク

[無料 随時・月4回以上]
このメルマガでは、知っておくと得する税金の仕組みや、賢い保険・住宅ローンの選び方、年金テクニックや節税術を実務家FP(ファイナンシャル・プランナー)の新美昌也がわかりやすくお伝えします。生活にまつわるお金の問題を考えることで、あなたやご家族のライフプランを考えるきっかけになれば幸いです。最近「民間介護保険」「進学マネー講座」「中小企業の財務力強化」専用サイトも開設し、メルマガの内容のワンランクアップの情報を発信しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー