fbpx

米国「中間選挙」後は来年初旬まで株高? 投資家心理が好転か=武田甲州

株式市場の経験則でよく当たるとされている「アノマリー」。まもなく始まる米国の中間選挙にもアノマリーはある。それによると、来年初旬まで株高とあるが…。(『証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』)

※有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

説明できないがそうなっている? 中間選挙後のアノマリーでは…

なぜだか当たる経験則

「アノマリー」とは、ある法則や理論から見て異常(例外)、または説明できない事象のことと説明されています。

株式市場では、はっきりとした理論的な根拠を持つわけではないものの、経験則でよく当たるとされるものがありますが、それが「アノマリー」です。

たとえば、日本では昔から「節分天井、彼岸底」といいます。

なぜか理由はよくわかりませんが、2018年も当たっているように思われます。日経平均株価は1月23日に天井を付け、3月26日に底をつけました。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

また週末は安くなりやすく、週明けは高くなりやすいというものもあります。

米国では「5月に売れ、9~10月に買え」というものあります。日本株市場も海外投資家の売買シェアが高くなるにつれて、同じように動いているように思われます。

米中間選挙後は来年初旬まで株高?

米国中間選挙(11/6投票)前後のアノマリーはどうかというと、選挙後に株価が高くなる傾向があるそうです。そして株高は翌年第1四半期(1~3月)まで続くということになっているようです。

もちろん中間選挙が終わったら企業業績が大きく好転するという法則があるわけではありません。

株式市場では需給関係、市場参加者の心理も大きな変動要因です。

「アノマリー」とは、投資家の心理的な側面が需給関係に投げかける微妙な影が映し出したものなのだろうと思われます。

米国中間選挙という大きなイベント通過で人々の心理が好転すれば、株式市場にとっても大きなプラスとなるはずです。


※有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

※2018年11月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2018年11月配信分
  • アノマリー(11/5)

いますぐ初月無料購読!

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込540円)。

2018年10月配信分
  • 人手不足(10/29)
  • ドル円為替は再び円安へ(10/22)
  • 株安(10/15)
  • アマゾン賃上げで円安(10/8)
  • 「プラットフォーマー」(10/1)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分
  • まだ割安の日本株(9/24)
  • 勝利を引き寄せた「我慢」(9/17)
  • リーマンショック10年(9/10)
  • 下がらない「リスクプレミアム」(9/3)

2018年9月のバックナンバーを購入する

2018年8月配信分
  • 浮上するか 交代シナリオ(8/27)
  • 米中貿易戦争は早期終結か?(8/20)
  • 非公開化を目指すテスラ(8/13)
  • 日銀微修正(8/6)

2018年8月のバックナンバーを購入する

2018年7月配信分
・米国の収支改善(7/30)
・小型株復活へ(7/23)
・急伸する株価(7/16)
・フラット化が進む米国金利(7/9)
・要注目!トランプの「Vターン」(7/2)
2018年7月のバックナンバーを購入する

2018年6月配信分
・「ユニコーン」(6/25)
・押し寄せるフィンテック(6/16)
・トランプの黒魔術(6/11)
・日銀出口への意識(6/4)
2018年6月のバックナンバーを購入する

2018年5月配信分
・広がる投資家のすそ野(5/28)
・原油高(5/21)
・シェアビジネスで衰退?(5/14)
・武田「円安」?(5/7)
2018年5月のバックナンバーを購入する

2018年4月配信分
・平和の配当(4/30)
・人が捨てた「運」を拾う(4/23)
・米国利上げの限界(4/16)
・米中貿易戦争(4/9)
・緊張緩和(4/2)
2018年4月のバックナンバーを購入する

2018年3月配信分
・貿易戦争(3/26)
・いつのまにか正常化するマーケット(3/19)
・彼岸底(3/12)
・いまこそバフェット氏的投資(3/5)
2018年3月のバックナンバーを購入する

2018年2月配信分
・米金利上昇でも円高はなぜか?(2/26)
・物価上昇=株安は間違い(2/19)
・米国株安(2/12)
・時価総額が大きくなる企業(2/5)
2018年2月のバックナンバーを購入する

2018年1月配信分
・企業の置き換え(1/31)
・やはり、日銀政策は徐々に変更される(1/22)
・18年も日銀「金融政策」は不変(1/15)
・日銀の政策変更?(1/8)
・低成長、低インフレ、金余り時代の資産形成(1/1)
2018年1月のバックナンバーを購入する

2017年12月配信分
・チューリップバブル(12/25)
・ビジネスモデル(12/18)
・18年は円安・株高(12/11)
・ガラパゴス税制(12/4)
2017年12月のバックナンバーを購入する

2017年11月配信分
・バックトゥザ4万円(11/27)
・キャッシュレス社会(11/20)
・株の話題が増えたのはいいこと(11/13)
・FRB次期議長にパウエル氏(11/6)
2017年11月のバックナンバーを購入する

【関連】まだ投資の勉強をしているのか? 個人投資家がプロから大金を奪う方法は1つしかない=鈴木傾城

【関連】「先進国で日本がいちばんヤバい」IMFの警告でアベノミクスの嘘が明らかに

【関連】豪雨に負けない森はどこへ…。今国会で成立「森林経営管理法」が日本の山と林業を殺す=田中優

証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』(2018年11月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム

[月額540円(税込) 毎週月曜日]
証券アナリスト武田甲州が、経済やマーケットの先読み・裏読み情報を毎週月曜日に発行。2008年3月のセミナーでは米国で最大300兆円の公的資金投入を予想。2008年9月末時点で米国のゼロ金利、量的緩和政策実施を予測するなど大胆な未来予測情報もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい