fbpx

ドイツ銀行の株価暴落の原因?デンマーク最大の銀行に潜む問題とは=児島康孝

パウエル議長の講演で利上げ打ち止めと取れる発言があり、NYダウは大幅上昇。しかしその裏側では、デンマーク最大手銀行とドイツ銀行の危機が勃発しています。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

ドイツ銀行に潜む危機、デンマーク最大手銀行との怪しい関係

デンマーク最大手のダンスケ銀行になにが起きているのか

このところデンマークの最大手銀行、ダンスケ銀行(Danske Bank、本店コペンハーゲン)をめぐり、欧米の経済報道が風雲急を告げています。ウォールストリートジャーナル、ロイター、ブルームバーグ、FTなど、この問題を続々と報じています。

昨日から、今日(11月29日)にかけても、

FT(2018.11.28)
Danske Bank changed over EUR(原文はユーロマーク)200bn money-laundering scandal

Reuters(2018.11.28)
『Wary whistleblower casts light on dark Danish drama』

AP(2018.11.29)
『Denmark’s top bank faces changes over money laundering』

と、ダンスケ銀行に関する報道が相次いでいます。

この問題はウォールストリートジャーナルが2018年9月に大きく報じ、徐々に問題が明らかになってきました。またブルームバーグも、9月19日にダンスケ銀行のトーマス・ボルゲンCEOの辞任表明を大きく報じています。

ブルームバーグ(2018.9.19)
『ダンスケ銀行CEOが辞任表明、最大26.3兆円の資金洗浄の疑い』

大きな問題になっています。

さて、この話を解説しますと…デンマークの最大手銀行のダンスケ銀行。ダンスケ銀行のエストニアの拠点で、ロシアや旧ソ連圏から大量に資金を受け入れていました(何の資金か、不明。怪しい資金か)。

ダンスケ銀行の発表では、最大2,340億ドル。

ダンスケ銀行とドイツ銀行の関係性

北欧の人は、今は、エストニア、ラトビア、リトアニア(バルト3国)には、わりと自由に船で渡ったりもしている間柄です。すぐ対岸ですからね。

バルト3国は、EUに加盟して、ユーロを使用。旧ソ連圏の時代から、大きく変わっています。

そして、このダンスケ銀行に来た資金のドル転などは、海外業務が大規模なドイツ銀行に頼んでいたというわけです。

この問題で、まず2,340億ドルというのは巨額ですね。

円表示は為替レートで変化しますが、きょうのレート(1ドル=113.55円)では、約26兆5,700億円になります。

バルト3国は歴史的にはロシアと旧ソ連につながりがあり、いまはEU加盟で西側の金融システムにつながっています。

こういう事情で、資金の「通り道」として「好都合」であったということです。

Next: 以前から懸念されている、ドイツ銀行の株価低迷の原因とは

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい