fbpx

田中角栄も陥ったジレンマ。中国経済に立ちはだかる「投資の壁」=三橋貴明

投資の壁(2)供給過多解消のための投資抑制が逆に需要を減らす

中国を悩ませる供給能力過剰問題。個人消費が拡大しない理由

中国経済の「投資過剰」あるいは「供給能力過剰」は、今や世界的に問題視されている。ノーベル経済学者のポール・クルーグマン教授は、2015年9月7日の現代ビジネスに掲載された「中国崩壊と世界同時不況 私はこう見ている」で、中国の過剰投資問題について、

中国は‘08年のリーマンショック後、ただでさえ多かった投資を、政府主導でテコ入れし、無理やりに増やしました。それまでは投資がGDPの40%強を占め、これでも異常な水準でしたが、そこからさらに50%近くまで持ち上げたのです。

その結果、投資が異様なまでに過熱してしまった。一方で消費はわずか30%ほどに過ぎません。アメリカでは逆に消費の割合が70%を超えている。

こうした投資による旺盛な成長を見込んで、各国のマネーが流れ込んでいたのですが、無理矢理の投資が長続きするはずがありません。成長が鈍化するなかで、それが一気に逆流している。
出典:「中国崩壊と世界同時不況 私はこう見ている」(現代ビジネス)

と、筆者と同じ認識に基づき、中国経済について解説している。

中国の名目GDP(百分比)の推移

中国の名目GDP(百分比)の推移

図の通り、中国の総固定資本形成(民間住宅+民間企業設備+公的固定資本形成)がGDPに占める割合は、何と46%にも達しているのだ。

反対側で、2004年には4割を超えていた個人消費支出が、13年には約36%にまで落ち込んでしまった。ちなみに、日本の個人消費がGDPに占める割合は約6割で、アメリカはクルーグマン教授の言う通り、7割だ。中国が極端なまでの「投資依存経済」と化していることが理解できる。

「投資が経済の中心だったのは、日本の高度成長期も同じでは?」と、思われたかも知れないが、そんなことはない。日本の高度成長期に投資がGDPに占める割合は、高くても35%だった。現在の中国は、明らかに投資依存が行き過ぎている。

これほどまでに個人消費がGDPに占める割合が小さく、逆に投資のシェアが拡大してしまっているわけだ。中国経済が過剰な供給能力を抱えてしまったのは、あまりにも当然である。

ブリュッセルに本拠を置く欧州政策研究センターのダニエル・グロス所長は、中国の資本・産出量比率が爆発的な上昇軌道にあると説明。資本・産出量比率とは、「1単位の産出(GDP)を生み出すのに、どれだけの資本を必要とするのか?」という意味である。

中国の資本・産出量比率は、驚くべきことにアメリカをも上回る伸びを示している。分かりやすく書くと、中国はアメリカ以上に、「1の産出を生み出すのに必要な資本が増え続けている」状況になっているのだ。

アクセルを踏んでも、踏んでも、スピードがなかなか上がらない。と書けば、分かりやすいだろうか。

欧州政策研究センターによると、中国の資本・産出量比率が現状の水準で安定するだけでも、GDP1%分の減少要因になってしまうという。GDPが伸び悩むと、中国は更なる需要減少に見舞われ、供給過剰の問題は悪化の方向に進むことになる。

供給過多の中国経済、解消しようにも八方ふさがりで打つ手なし

ポイントは、総固定資本形成(投資)はGDPの需要項目の一部であり、同時に供給能力を強化することで「生産」の規模の拡大を可能とするという点だ。資本・産出量比率が極端に上昇しているということは、中国は投資により供給能力を高めても、GDPが上昇しにくい環境となっていることを意味する。理由は、単純に供給能力が需要に対して過大になっているためだ。

だからといって、中国が投資を縮小させると、それもまた「需要縮小」になる。結果的に、供給能力過剰問題は解決しない。投資を減らすことで需要(GDP)が小さくなったとしても、既存の供給能力は消えない

過剰になった供給能力は、バブル崩壊後の日本のように、削減される運命にある。とはいえ、現在の中国の企業が供給能力を削る、つまりは「リストラ」をすると、失業者が増える。失業者は消費を減らすため、需要が十分に伸びず、やはり供給能力過剰は解消しない

また、企業がリストラを始めると、各種の投資が減っていく。ここでいう「各種の投資」とは、総固定資本形成、つまりはGDP上の投資という需要を意味する。リストラの蔓延で企業や家計が設備投資や住宅投資を「先延ばし」するだけで、中国の投資は縮小していき、やはり需要不足が終わらない。つまりは、供給能力が過剰という問題もまた、解決されることはないわけである。

現在の中国経済の失速は、同国が「投資の壁」に衝突したことを意味しているのである。

【関連】36年ぶり廃止の「一人っ子政策」これからも中国に真の自由はない

【関連】一人っ子政策廃止で育児関連に買い。中国の「小康社会」は実現するか?

【関連】安倍さん正気?「外国人単純労働者受け入れ」は実質賃金ダウンへの道=三橋貴明

1 2

『週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグブラザーへ~』Vol.334、Vol.335より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグブラザーへ~

[月額660円(税込) 毎週土曜日]
日本の新聞・テレビなどのマスメディアでは、上記のフレーズがあたかも「常識」のように使われている。本メルマガでは、正しい数値データに基づき各種の「嘘の常識」を暴き、ボトルネックを取り去ることで、日本経済が着実な成長路線を進めるようコンサルティングを提供する。大人気Blog『新世紀のビッグブラザーへ』著者、三橋貴明が綴る必読参考書です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー