fbpx

日経平均は下げ止まったのか?新年の初動を読む〜株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ニューヨーク・ダウ 流れは変わったのか

181231pentagon_nydow

先週のレポートでは、DGラインに注目した。下げ止まりから落ち着いた動きになるのであれば、上値抵抗線DGラインを超えていくことが求められたからだ。実際には、下値支持線AEラインで下げ止まり、BEライン、CEラインそしてDEラインと上値抵抗線を超えて真横に新しいペンタゴンが描き足されたのだが、DGラインを超えることは出来なかった。
次の注目日は1月8日前後である。

B点水準:約22,000ドル
C点水準:約22,700ドル
D点水準:約23,700ドル

今週のポイントは、このまま反発上昇が続き、流れが変わるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
DFラインに注目したい。下げ止まりから落ち着いた動きになるのであれば、右肩下がり上値抵抗線DFラインを超えていく必要があるからだ。超えられないと、再び安値を試す動きになっていこう。

<トレンドのポイント(長期)>
下落トレンドの下落局面である。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、売りポジション。
買いポジションへの変更は、23,500ドルを終値で超えることである。

<現在のシナリオ>
上値抵抗線DFラインが存在している。しかも、先週末にはそのDFラインの手前で上ヒゲの長いローソク足が出現している。DFラインを超えたとしても、DGラインが控えている。そして、反発上昇が続いているが、E点が位置する時間帯が変化日となり下落に転じる可能性がある。したがって、軟調な展開が続くことになろう。

<第2シナリオ>
堅調な展開に移行する可能性も出てきている。上述したように、上値抵抗線となったBEライン、CEラインそしてDEラインを超えてきている。そして、右下に新しいペンタゴンが描き足されるのではなく、真横に新しいペンタゴンが描き足されたからだ。

Next: ナスダック 反発は続くか~米国市場分析

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー