fbpx

日経平均は下げ止まったのか?新年の初動を読む〜株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ナスダック 反発は続くか

181231pentagon_NASDAQ

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わり下げ止まることが出来るのか否かがポイントになったからだ。実際には、C点が位置する時間帯で安値を示現し、その後に反発。CDラインに沿ってADラインに到達した。
次の注目日は1月2日前後である。

今週のポイントは、このまま反発上昇は続くのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。上値抵抗線として存在しているADラインを超えることが出来るのか否かがポイントになるからだ。ADライン水準を維持することが出来れば、次のペンタゴンは右上に描き足されることにもなる。

<トレンドのポイント(長期)>
下落トレンドの下落局面。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、売りポジション。
買いポジションへの変更は、6750ポイントを終値で超えることである。

<現在のシナリオ>
上値抵抗線ADラインが存在している。また、週明けにD点が位置する時間帯を通過することで反発上昇の流れが変わる可能性もある。したがって、軟調な展開は続くことになろう。

<第2シナリオ>
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性も出てきている。C点が位置する時間帯で安値を示現後、右肩上がりのCDラインに沿って上昇が続いているからだ。
続きはご購読ください。初月無料です

今週の個別銘柄分析(1銘柄)

今週の仮想通貨(ビットコイン※12月25日付)

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


※本記事は『☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2018年12月30日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本稿で割愛したビットコイン・個別銘柄の展望もすぐ読めます。

【関連】投資家は「波乱の2019年」をこう乗り切れ!持つべき3つの視点と注目銘柄=栫井駿介

【関連】米国からの逆風に沈む日本、2019年「アベノミクスの後遺症」との戦いのゴングが鳴る=近藤駿介

【関連】2019年、安倍政権は米ロに引導を渡される?日本経済を襲う政治リスクと4つの壁=斎藤満

1 2 3

☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2018年12月30日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

☆ペンタゴンチャート分析<為替編>

[月額10,780円(税込) 毎週日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円などを話題のペンタゴンチャートで毎週分析します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー