fbpx

円が信任を失ったとき日本の財政は破綻する。その行方を左右する「市場」の正体とは=田中徹郎

一方向に流されやすい日本人、信任が低下すれば…

今のところ財政破綻を懸念するのはほんの一部の人たちで、逆に昨今の日本国債の金利の低さなど見ていますと、日本円に対する市場の信任は盤石のようにすら見えます。

政府が発行してきた国債のうち、過半を日銀が保有するという現状を加味しても、いまのところ日本円に対する市場の信任は、揺らいでいないといってよいでしょう。

ただしそのような現状に、あぐらをかいていてよいとも思えません。

日本人は一方行に流れやすい国民性を持っているように見えますので、いったん通貨に対する信認が低下すれば、一気に市場に動揺が伝染するという懸念は、持っておくべきではないでしょうか。それが危機管理だと思います。

経済学が自然科学と違う点は、人間の心理によって結果が、いかようにも変わるという点ではないでしょうか。

【関連】政府の統計以上に物価は上がっている~実質値上げラッシュで国民はますます貧乏に=斎藤満

【関連】不正だけじゃない「勤労統計」2つの欠陥、政府が思うよりずっと私たちの賃金は減っている=児島康孝

【関連】2019年も堅調なアメリカ経済が世界をリードする~米中対立、欧州情勢ほか専門家の見方=俣野成敏

1 2

一緒に歩もう!小富豪への道』(2019年2月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

一緒に歩もう!小富豪への道

[無料 毎週火曜日+号外あり]
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー