fbpx

企業決算が集中する3月にチャンス。高利回りの配当銘柄を狙うときのポイントとは=山田健彦

日本企業の決算が集中する3月31日に向けて、配当狙いの投資家層も存在しています。そんな人気の投資手法、高配当銘柄への効率的な投資の仕方を確認しましょう。(『資産1億円への道』山田健彦)

【関連】日本円や米ドルはこのまま信用され続けるか?仮想通貨バブルにみる貨幣の岐路とは=田中徹郎

3月決算に向けて準備したい配当取り作戦

企業の決算期は3月に集中する

日本企業の決算期末は3月31日というのが圧倒的に多い状況です。最近は12月末決算に移行する企業も増えていますが、それでもまだ3月末決算企業が主流です。

ところで「日経マネー」、「ダイアモンドZAi」の2大マネー雑誌は毎月21日発売ですが、大体2月21日発売のものは「3月決算企業の中から高配当利回り銘柄をどう攻略するか」というのがお決まりの特集となっています。

配当狙いの投資家層というのも確実にいるので、そのような期待に応えようというのでしょう。

証券会社のスクリーニング機能で東証上場の3月末決算企業のなかから配当利回りが5%以上という条件で抽出すると、33銘柄が出てきました。その中から、いくつか先週金曜日の終値ベースで抜き出すと、

あかつき<8737> 7.04%
日産自動車<7201> 6.09%
ソフトバンク<9434> 5.81%
あおぞら<8304> 5.77%
等々となっています。

あおぞら銀行が5.77%の配当を払えるなら、定期預金の金利をもっと上げる事も可能だろう、という声も聞こえてきそうです(笑)。

さて、今年は3月31日が日曜日なので、3月末決算企業の配当を取るための権利付き最終売買日は3月26日になります。

「えっ、3月29日じゃないの?さすがに3月31日は日曜日だからそれより前の日というのはわかるけど…」と思う方もいるかも知れませんが、株式の配当は決算日に株主名簿に登録されている人に支払われます。

国内の株式取引の決済はT+3というルールがあり、取引日の3営業日後に株券の受け渡しが(といっても、現在はデータベース上に自分の情報などが載るだけですが)行われます。ちなみにこの「T」というのはトレード日の意味です。ですので、今年は3月26日が権利付きの最終売買日になるわけです。

ここで配当取りのための資金効率を考えると、26日午後3時直前に株式を購入し、翌27日に売却すれば、配当を得ることができ、もし購入単価と売却単価が同じならたった1日にして5%以上の配当が取れます!(実際は、年2回の配当企業が大半なので、金額的にはその半分。なかには年4回配当の企業もあります)

しかし世の中、そんなに甘くありません。「配当落ち」といって、翌27日の理論株価は配当金額分だけ下がります。無論、何かとてつもなく良いニュースが飛び込んでくれば、株価は暴騰しますし、逆の場合は暴落することもあります。

Next: 実際、昨年の3月末に高配当銘柄がどうなっていたのかをチェック!

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー